誰かに見てもらうための、簡単なデザイン

マイケル・ジャクソンの曲から配色パターンを想像する

ちょっと誰得記事か分かんないんですが…。
私はデザインイメージや色を考える時に、音楽をよく参考にします。好きな音楽から想像したイメージをそのまま描き出す、みたいな。

何かのデザインを頼まれた時に、何も思い浮かばないので、好きな曲を聴いてそこからイメージする…というのではなく、作業中とか運転中に曲を聴いて、あからじめイメージをふくらませておいて、それをストックしておいて、いざとなった時に使う…というパターンが多いです。

別に、曲を聴いたら想像を膨らまそう!とか日頃から考えているわけじゃなくて、好きな曲には萌えるので、勝手に妄想が始まってしまいます。こんな景色で、こんな色や柄の服を着ていて…とか、こんな可愛い女の子がいたらいいなぁ(^q^)とか、具合的に想像できなくても、何となくで考えてしまいます。
このあたり、幼い頃からアニヲタとして育った者の特権でしょうか。良いのか悪いのか。

今回は、もうすぐマイケル兄さんの命日ということもあり、マイケルさんの有名な曲から、配色パターンを膨らませてみたので紹介します。
私は特にマイケルさんを研究しているわけではないので…なんかズレてるかもしれませんが、これが私の中のマイケルさんです。
ちなみに私は、マイケルさんも好きですが、妹のジャネットさんと、Jacksonsがとっても好きです。

53_michael-color_03

ちょっとおさらい・配色とは

配色イメージを作る前に、配色についてちょっとおさらい。配色とは、2色以上の色を組み合わせて、使う色や配置を決めることですが、適当にやっていいというものではありません。
色の並べ方によって、出したい雰囲気や、心理的効果が変わってきます。

53_michael-color_06

上は黄色の配色ですが、横に置く色によって、人に与える印象が違います。
赤を横に置くと、なんだか物の値下げ感…バーゲンっぽい配色になり、物を売り込みたい時などに効果的です。
黒を隣に置くと、踏切などでもよく見る色合いですが、とても目立つ配色なので、注意喚起の意味が出てきます。
青を隣に置くと、太陽の光と海みたいな感じで、なんだか夏っぽいですね。

上の例はちょっと極端なのですが、このように、なんでも色を並べたらいいわけではなく、ある程度考えて、作りたいものの雰囲気や出したい効果にマッチする配色をすることが求められます。
また、色には、色味はもちろんのこと、例えば同じ黄色でも、色の明るさ(明度)、鮮やかさ(彩度)などがあり、それらを上手く組み合わせないと、思うような効果が出なかったり、ダサくなってしまいます。
暗い色ばかりで配色すると、暗くてドンヨリしたものが出来上がりますし、明るく目立つ色ばかりを使うと、うるさくてどこを見ればいいのか分からないものが出来上がってしまいます。

つまり、配色する時は、赤とか青とか大まかな色を決めるだけでなく、明るさや鮮やかさも視野にいれて、バランスよく考えていかないと、上手くいきません。
ここまで書くと、慣れてない方にはどんな風に配色していけばいいか分からなくなると思いますが…ある程度のルールは決まっていて、くすんだ色味を使うなら、くすんだ色でまとめてしまって、大事な部分は鮮やかな色を使うとか、背景をパステルカラーにして、文字ははっきりした濃い色で書く、とか、綺麗にまとめるためのある程度のルールはあります。

配色について、詳しくは以前記事にしたので、よろしければご覧くださいませー。

配色の基本・色相環は指揮総監 〜色、死にたもうことなかれ〜

今回は、ただイメージから色だけ抜き出すのではなく、色合いや世界観もセットにしてしまって、実際すぐに配色できるようなセットを作っていきます。

イメージをつかむ

曲を聴いてイメージするって、具体的にどうするのかというと、やっぱりまずはPV観たりします。
私はそれすらせず、ひたすら曲の感じだけで妄想することも多いですが…。
ドラマやCMに使われている曲なら、その劇中の雰囲気が頭に浮かんできたりとかして、どんな色が使われているか自然に想像できますよね。そんな感じでもいいんじゃないかと。
サザンやTUBEと聞くと、青い海を想像する…みたいな感じですかね。これだけでも、海のような青色と、砂浜のようなベージュという配色が出来上がります。
単純!!

53_michael-color_09

というわけで海。
上の例は本当に単純ですが…色は写真の色をそのまま抜き出しています。
別に難しいことはなくて、こんな感じで配色は考えられます。自然にあふれている色を使うのはおすすめです。絶景という言葉があるように、自然の色、配色は素晴らしい。上の例のように、そのまま抜き出しても調和しているので、そのまま使えます。
もし、どぎつい感じになってしまって調和しづらい時は、色を淡くしてみたり、逆に濃くしてみたり…と、色の明度(明るさ)、彩度(鮮やかさ)を調整していくと調和が取りやすいです。原色というか、ギラギラした色を多用するのを避ければ、割と作っていきやすいと思います。

これにちょっと、想像の要素を加えていきます。
例えば「海辺でやる音楽イベントのポスター」というテーマなら、海→サザン→勝手にシンドバット、みたいに連想して、上の海の配色に、シンドバットのターバンにありそうな白色、装飾品でつけてそうなルビーの深い赤色などを追加しても面白いと思います。
まぁ、こんな感じでイメージ作ってやっていってます、私は…(妄想族)。

個人的に、宇多田ヒカルの「Colors」なんかは、有名な曲ですが、色をテーマにした曲なので、色を抜き出しやすいと思います。まんまですけど。歌詞に描き出される情景が素敵です。

サザン出てきたけど、マイケルに戻ります

今回のマイケルさんですが、マイケルさん自身のイメージカラーを考えてみました。
私が勝手に考えたものですが、世界共通より大きく外れてないんじゃないかと思いたい。
色は、なにもないところからポンと選ぶよりは、ある程度の指標があった方がいいかな〜と思ったので、世界の伝統色 洋色大辞典 – Traditional World Color Namesさんのものを参考に選びました。

53_michael-color_13

並べてみたら、なんか意外にカジュアルだった。もっと暗い感じになるかと思いましたが、そんなことなかったです。
まぁ、でも、マイケルさんといったら赤と黒かな。赤は、少し暗めだけど、パッとした深い赤色がイメージです。黒は、真っ黒よりも、少し赤みがかったような黒がいいかな。マイケルさんの髪とかってそんな感じじゃないですか?
シナモンは、昔のマイケルさんの肌の色と、あとPVにアフリカ?中東?の子供や砂漠の映像があるのが記憶に残っていたので、そのイメージの色です。アンティックゴールドは、KING OF POPといったら金!と、マイケルさんの服装は、黒、赤+装飾は金、というイメージがあるので。
ムーングレイは、名前のムーンがムーンウォークを連想させるのと、ネバーランド(城?)の色ですかね…。
暗めだけど華やかな配色。これを使うと、ほんとPOP!って感じのにぎやかなものができそう。

私の中のマイケルさんはこんな感じなので、曲をイメージしても、多分これをベースに配色が出来上がっていくと思います。

曲のイメージから想像してみた

というわけで、人気のある曲+私の独断と偏見で、曲をピックアップして、イメージカラーを想像してみました。
人気のある曲は、こちらを参考にしてます。

マイケル・ジャクソン生誕五十周年企画 KING OF POP

スリラーが1位かと思いきや、ビリー・ジーンとな。
というわけで、ビリー・ジーンから。
ちなみに、私は英語分からないので、PVは考慮していますが、歌詞はあんまり考慮してない配色です…。そして自己中配色ですが、まぁ、こんなイメージの人もいるんだよということで、大目に見てもらえればと…(^_^;)

Billie Jean

53_michael-color_16

青っ!グレー!俺的ビリー・ジーンはこんな色。
ビリー・ジーンは架空の人の名前らしいですが、なんでしょうか、青いイメージがあるんですよね…。空や海ではなく、月夜みたいな青色を想像するのです。多分Jeanをjeansみたいに思ってるんですかね。ジーンズ青いもんね。うわっ、曲が台無し。
まぁ、でも、並べてみて、曲にあった、静かな雰囲気の配色が出来たんじゃないかと。
ビリー・ジーンって30年も前の曲なんですね。今も色褪せないなぁ。

Thriller

53_michael-color_18

スリラーは、もう赤と黒ですよね。闇の黒と血の赤。薄暗いのがいい。スリラーのPVはほんと見てて楽しい。
昔振り付け教えてもらいましたが、忘れてしまって、後悔しています。
ゾンビがいっぱい出てくるPVの世界観そのもののような配色が理想です。赤とか黒とか、闇夜の深い青とか、あとは土の濃い茶色とか加えてもステキ。おどろおどろしくて、でも赤がパッと目を引くような色合いが理想。

Bad

53_michael-color_21

Badも赤と黒のイメージなのですが、これはスリラーのような闇夜と血の色ではなく、もっと明るめのはっきりくっきりした赤と黒が理想です。
あとこれもPVのイメージが強くて、工場?グレーのような白のような室内で踊ってるので、その壁の色がイメージにあがってきました。
赤と黒。Bad!っていうか、悪そうな配色じゃないですか?なんとなく。

Smooth Criminal

53_michael-color_23

スムーズ・クリミナルは、なんでか紫なんですよね。曲がちょっと怪しげな感じがするからかな。しかし、紫の中にも華やかさがあるなぁと思ったので、ブロンドもチョイスしてみました。
スムーズ・クリミナルといえば、PVの白のスーツも有名なので、シルバーホワイトも追加。
でもやっぱ全体的には暗い色味ですね。マイケルさん、暗いけどはっきりした色味のイメージすぎる。私の中で。

Black Or White

53_michael-color_25

ブラック・オア・ホワイトは、そのまんま黒と白です。オセロ的。あとは、人種に関することがテーマみたいなとこがあるので、肌色かな。
そして全体的に明るい感じの曲なので、何故かイエローが入ってきました。イエローといっても、どぎついものではなく、少し暗めのイエローが馴染んでいいかな…。

Remember The Time

53_michael-color_27

私が思い当たる中で、一番好きな曲がリメンバー・ザ・タイムだったりします。
この曲、PVは金色ギラッギラなエジプト?が舞台なのですが、私の中ではスムーズ・クリミナルと同じ感じで、紫がベースなんですよね…なのでエジプト無視な配色。
個人的には、夜の11時くらいに一人でひっそり聴きたい曲だと思っていて、そのイメージ通り、夜を連想させる配色になりました。
こっそり物思いにふけりたくなる配色が理想。

I Will Find A Way

53_michael-color_29

マイケル・ジャクソンとはちょっと外れてしまうのですが、Jacksons(Jackson5)のI Will Find A Wayがとても好きなので、入れてみました。
この曲はとても爽やかなので、今までとは違う(ていうかアーティストも違うけど)かなり明るい配色。虹のようなカラフルさ、パステルカラーのような明るさを感じる曲だと思うので、その通り抜き出しました。
I Will Find A Wayというタイトルどおり、未来への希望が感じられるような配色がいいかなと。

以上です。ほんと自己中で自己満足ですみません。何の参考になる記事なんだろうか…。
何に使えるのかもよく分からんのですが、まぁ、こうやって配色イメージ想像して使うのも楽しいよっていう話です…。

この記事を書きながら、マイケルさんのPVを何本か観たのですが、すごいよ。20年とか30年とか前でこのクオリティ。他に追随する人もいないし、ほんと、KING OF POPというか、それ以上なんじゃないかと思いました。
こんなすごい人を題材にしてしまう自分が愚かすぎてワロスとも思いましたが、書いてしまったので公開します。すみませんすみません。

なんか、1つのテーマから想像することって人それぞれだと思うんですが、そういうのを色々語り合う会とかやりたいと思いました。今回の配色とかも、他の方が考えたものも見たいです。
こんな風に妄想してる人、私だけだったらどうしよう…。

それでは!Have a nice design!!