誰かに見てもらうための、簡単なデザイン

iPhoneのカメラで綺麗に写真を撮る方法+無料の写真系アプリ色々

もうすぐ連休ですね!というわけで連休中に役に立ちそうなネタを、特にどこにも出かける予定のない私が書いてみます。iPhoneカメラの使い方…ってみんな知ってるんじゃないの?って感じですが、私が普段そんなに意識して使っていないことを友人のiPhoneマスターである《めろみくす》さんに突っ込まれ、色々教えてもらったことをまとめた次第です。iPhone歴1年ちょっとにして知らないことが多発…いや、知らない人も多いはず!!と思いたい…。
めろみくすさん、ありがとう!つまらんことばっか聞いてゴメンネ(・ω<)☆
ちなみにiPhone4s、iOS6.1.3で検証しています。

9_iphonecamera_03

設定→写真とカメラ

まずは設定から。といってもちょっとだけですが…。
9_iphonecamera_10
上からいきます。
iCloudを使用しているので、自分のフォトストリームをオンにしています。これによってWi-Fiに接続されている時に、自動的にiPhoneのカメラロールからiCloudのカメラロールに新しい写真を追加してくれます。

共有フォトストリームは使っていないのでオフにしています。

スライドショーは飛ばして、HDRの設定を。これ、私全く知らなかったのですが、iPhoneのカメラにはHDR(ハイダイナミックレンジ)という機能があって、撮影時にその機能を選ぶことができるのですが、この機能をオンにしてシャッターを切ると、露出(光の量。簡単に言うと明るさ)の違う3枚の写真を自動的に撮ってくれて、その3枚の良いところを合わせた画像を作ってくれるらしいです。「通常の写真を残す」をオフにすると、HDRで撮影された写真しかカメラロールに残りませんが、これをオンにすると、通常の露出で撮られた写真も残るので、2枚を見比べることができます。
シャッター1回で2枚の画像を保存してくれて、見比べることができるって便利ですねー!

実際に撮影してみよう

カメラを起動して、撮影画面を表示します。そして撮影時に使う機能を見ていきます。
IMG_0850

左上の「オン」って書いてある「フラッシュボタン」からいきます。

フラッシュ

当たり前ですが夜など暗い場所での撮影に使います。が注意したいのは被写体の距離。例えば暗い場所での人物の撮影するとして、人物が2m前後の近距離にいる時には効果を発揮しますが、夜景などの撮影で被写体がだいぶ遠い場合はフラッシュはあまり意味がないそうです…。
ちなみに、場合によるかもしれませんが、iPhoneにケースを付けている場合、フラッシュを焚くとレンズ周りのケースの色が写真に反映されてしまう事例があるようなので、これも注意したいところ。私も経験したことがあります。。。

次に上部真ん中のオプションボタン。
ここで先ほどのHDRの機能が設定できたりします。

IMG_0852
オプションボタンを押すと、左のような画面になります。
一番上のグリッドから見ていきます。

グリッド

IMG_0872
グリッドは、画面の水平・垂直を表す線です。
つまり、棚とか電柱とか、水平または垂直に建っている物などを綺麗に撮影する時に役立ちます。
紙のフチなどを上手く合わせれば、印刷物も歪みなく綺麗に撮れそうです。
写真は建物を写したのですが…全然グリッドに合ってない…(´・ω・`)

HDR

9_iphonecamera_07
その次はHDRですね。これは最初あたりで説明した、露出の違う3枚の写真の良いところをを合成する機能のこと。ここでオンにできます。オンにすると、HDRオン、と下部に表示してくれます。そして、撮影すると、ちゃんとHDRの画像と普通の画像の2枚を保存してくれます(前述した設定によりますが)。

9_iphonecamera_14

HDRをオンにした画像と普通の画像です。わずかですが、左の方が黄色っぽい写真になっています。黄色っぽい左の画像がHDRオンで撮影した写真なのですが、仕上がりは好みによりますかね…私は、今回だったら通常で撮影した右の写真のほうが良いかなぁと思ったりします。
ちなみに被写体は「男山からの姫路城(改修中)」です。

パノラマ

IMG_0785c

CMなどでもお馴染みのパノラマ撮影機能。パノラマを選んで、写したい範囲をぐるーっと動画撮影するように撮ると、一枚のながーい画像にしてくれます。なかなか面白い機能ですよね。あまり使う機会はないですが感動しました。でもやっぱりまっすぐのところはズレちゃうのかな、歪んでる気がする…撮り方が悪いのだろうか…?

オプションの説明はここまでです。元の撮影画面に戻ります。

オプションボタンの右にある「カメラと矢印」ボタンは、自分撮り用カメラとの切り替えだけですので、説明は省きます。

次は、撮影画面で使えるその他の小技です。

AF(オートフォーカス)機能

AF(オートフォーカス)機能がこんなに便利だなんて知らなかった。
IMG_0792
カメラ画面中に、フォーカスしたい部分を選んで画面をタップすると、四角い線が現れ、そこがフォーカスされます。これも知らなかったのでビックリしたのですが、フォーカスする部分によってちゃんと露出(明るさ)も調節してくれます。エライやんかー!ちなみに長押しするとフォーカスがロックされるので、画面を動かしてもその位置にフォーカスされたままになります。これで近距離も遠距離も適正な露出で撮影できますね!

9_iphonecamera_17

同じ写真でもフォーカスを手前にしたものと奥ににたものでは、明るさが違います。手前だったら手前が明るくなるように、奥だったら奥が明るくなるようになってますね。

その他の地味に便利な小技

  • ・カメラ撮影中に画面を左→右にフリックすると、カメラロールの写真を見ることができます。「さっき撮影した画像を確認したい!」って時に便利ですね。ちなみに右→左フリックで元のカメラ画面に戻ります。
  • ・iPhoneのシャッターボタンは、ボタンを離した時にシャッターが切られます。なので、シャッターボタンを押したまま対象物にピントを合わせて、それからボタンから指を離すと、ブレを抑えて撮影することができます。
  • ・iPhoneを横にして撮影する時、音量ボタン(+、-)がシャッターボタンになります。場合によってはこの方がシャッターを切りやすく、ブレも抑えられます。

あー、なんか知らなかったのは私だけで、みんな普通に知ってることばっかり書いてるような気がしてきた…(´・ω・`)ショボーン。

写真データ系で使っているアプリ

カメラ機能の説明を終わって、次はアプリの紹介をします。無料のものばかりです。まずは私がデータ管理用に入れているアプリをご紹介します。ていっても、3つしかなかった…普段あまりカメラに親しんでない様が分かりますね(´・ω・`)ショボーン。

Photo EXIF

IMG_0877
無料。
写真にはEXIFという、撮影日や撮影場所、使用したカメラの情報などのデータも保存されています。しかしiPhoneのアルバムではそれらを確認することができません。それらを確認するためにPhoto EXIFというアプリを入れています。このアプリは、まず一覧で容量と日付、写真サイズを確認できます。容量と写真サイズは割と気にしているので、結構役に立ってます。一覧から写真を選択すると、その他のEXIF情報を見ることができます。

ちなみにこのアプリは見る専門で、EXIF情報の消去などはできません。EXIF情報を見つつ、消去もしたいな〜って方はLooksというアプリが有名?みたいです。

SimpleResize

IMG_0880
無料。
iPhoneのカメラで写真を撮ると、容量が3MBとかになってしまうこともしばしば。…容量多くないですか…?プリントアウトするならそれくらいでいいんですが、ちょっとメールとかLINEで送ったり、ブログに載せる用の画像は3MBもいりません。ていうか容量の大きな写真をLINEで送ったりfacebookにアップロードしたりって時間かかったり、途中で止まったりしてしまうことも稀にある…。

そんな時に使っているのがこのアプリ。アプリ内カメラで撮影した後、バーをスライドすることによって保存時の写真の大きさを選択することができます。ただ、このアプリ内のカメラ機能だとオプションが使えないので、グリッドやHDRは使えません。でも、アルバムから写真を選んでリサイズすることも可能なので、iPhoneデフォルトのカメラ機能で撮影した後にリサイズすることも可能です。

Spy Calc Free

秘密の写真を電卓の下に隠しておけるアプリ。って紹介してしまったら機密性がなくなってしまうけど…。

9_iphonecamera_22

普段は電卓です。ホーム画面にも「計算機」として表示されます。ところがどっこい、暗証番号を入力すると右の画面が出てきます。ここで秘密の写真を登録したり閲覧したりできるんですね!他人に見られたくない写真がある人におすすめです。私は何も入れていませんが、面白いな〜と思ってアプリをダウンロードしたまでです。ホントです。

写真加工系アプリ

人物の赤目を補正したり、写真の色を変えたり、コラージュしたり。私も入れているもので、いくつか便利なものがあるので紹介します。

デフォルトの編集

とか言いつつアプリじゃない、最初からiPhoneに入っている機能から書いちゃいます。。
iPhoneデフォルトのアルバムの写真を選んで、右上に出る「編集」ボタン。軽い修正はここからできます。
でも誰も使ってるの見たことない…んですが…。なので必要かどうかちょっと弱気になりつつも、便利な部分もあるような気がするので、書いておきます。

9_iphonecamera_19

回転…そのまんま、写真を回転します。90度づつしか回転できないようですねー。
自動補正…写真の明るさを自動で補正してくれます。タップする度にオンとオフを切り替えられるので、見比べができますね。

9_iphonecamera_26

左が自動補正オフで、右が自動補正オンの画像です。全然変わらない…。しかしよく見ると、自動補正をオンにした方が、色味がくっきり出ています。僅かな差ですが、比べてみれば確かに違う。写真によってはもっと劇的に差が出る時もありますよ!

次は赤目修正。これは使える時と使えない時があります。修正が必要な箇所をタップすると、その部分を黒く塗りつぶしてくれる機能。写真によっては「修正が必要な赤目が見つかりませんでした」と感知してくれなかったり、余計なところまで塗り潰されちゃったり…ということもあります。
ところが!!

9_iphonecamera_29

もはやネタ…なのですが、この画像だと、ちゃんとキティちゃんの赤目を感知して直してくれたのです!!
赤い!確かに赤いけど!!それでいいのか!?
こんな風に、ちゃんと感知して直してくれることもよくあります(経験談)。

その横のトリミングボタンは、写真を好きな位置でカットしてくれる機能ですね。

IMG_0886

白い枠をドラッグすると、好きな大きさでトリミングできます。縦横比を固定したり、きっちりとした正方形で切り抜くこともできます。

デフォルトの編集機能の説明はここまでです。大したことをしないなら、これだけで充分といった感じがします。
次からは、色んな写真加工機能があるアプリの紹介です!

Snapseed

無料。教えてもらってびっくりたまげたアプリ。高機能すぎる。
写真をぼかしたり、シャープにしたり、白黒にしたり、ヴィンテージ風にしたり、ミニチュア風にしたり…と様々なことができるアプリ。大体こういったアプリはワンタッチで決まった効果を適用して、ハイ終わり!って感じで、ぼかし具合とか色味とか変更できないんですが、これはできる!しかも細かく調整できるんです。
やり方も簡単で、画面を縦or横になぞるだけで、ぼかし具合、明るさ、コントラストetc…色々細かく調整できます!
もうこれ1つあれば写真加工アプリなんていらないんじゃないかしら。。。

9_iphonecamera_32

グランジだけ、光源の中心点の青い点がついていますが…。他にもいろんな効果があって、それぞれの値を細かく設定することができます。

Fotolr

カメラアプリのFotolrカメラと、写真編集用のFotolrがあり、どちらも無料です。有料版もあるのかな?

9_iphonecamera_35

Fotolrカメラでは、リアル特効カメラやGIFカメラなど豊富な種類のカメラが用意されています。リアル特効カメラでは、写真右のようなフィルターをかけて写真撮影することができます。GIFカメラはそのとおり、GIFアニメを撮影できちゃう機能です。これは便利!他にも色んな種類のカメラが入っています。

IMG_0894

Fotolrでは、撮影した写真を切り取ったり色を変えたりといった編集ができます。目を大きくしたり、小顔にしたりっていうのもできるみたいですが、難しそう…。

Insta Flame

無料。写真にフレームをつけられるアプリ。結構レベルの高いフレームが多いです。
9_iphonecamera_38
フレームと背景を選んでから写真を貼りこんでいくパターンですね。オシャレなのが多いです。
同じ名前っぽいアプリがもう一個あるわ…似たような機能ですが、こちらもなかなか良さげです。
iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 InstaFrame – 変化多くのフォトフレーム

Pic COLLAGE

無料。女子向け写真コラージュアプリ。可愛いシールやフォントなどが用意されていて、好きな写真をぺたぺた貼り付けてコラージュができます。タッチやドラッグなどで直感的に簡単に操作できるので、使いやすいです。

IMG_0881

写真とシールを貼り付けたたけですが、割と可愛らしく仕上がりました。こういうのをfacebookに載せると可愛い女子アピールができていいんじゃないですかね…。

無料ですけど高機能のアプリが多いですね。iPhoneはアプリが多くて、どれ使ったらいいんだーって迷うことも多いですが、とりあえず無料でできる範囲まで試してみてから考える、という感じで使ってます。
しかしデフォルトの機能だけでも充分楽しめます。
これで写真が苦手でも何とかなったらいい…などと思います。

それでは!Have a nice design!