誰かに見てもらうための、簡単なデザイン

年賀状に舞妓さんを描いたときのことまとめ

2015年の初投稿です。
今年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

今年の年賀状、WordCampなどでお世話になっている @shinchayaさんから、舞妓さんをリクエストされたので、描いてみました。

使ったのはIllustrator CC 2014です。2014…なんか謎のバグがあって使いにくいと思うのは私だけか…。
技術的には何も難しいことはしていないのですが、舞妓さんはとても奥深く…舞妓さんについて何も知らなかった私にとって非常に刺激的な制作だったので、まとめがてら記事にします。

制作技術よいうよりも…舞妓さんのしきたり的なことのまとめに偏ってます…。
まっ…舞妓さんを描くときの参考になれば…!(とかいいつつ自分が教えてもらったことばっかりをまとめたのですが。)
shinchayaさん、ご依頼ご指導ありがとうございます!!

とりあえず完成図

今回の完成図はこちら。

nenga_maiko2015_k

フラットです。
今回の参考にとご紹介いただいた、人気の舞妓、紗月さん。
舞妓さんのことはあまり詳しくなく、間近で拝見したこともないのですが…お写真見ると…かっ…かわいい…!
白塗りの人って、肌の暖かみが感じられないような気がして少し怖い感じがするのですが、写真をまじまじと観察していると…内面からにじみ出るしとやかさ、可愛らしさがあって…なんてお美しいんだ…!
祇園に通われる方の気持ちが少し分かったような気がしました。

この美しさを何とかして表現できないか…と思い、綺麗な描線を描くことに重きを置いて、描線が生きるようにシンプルに仕上げました。
とかいいつつ、私がイラレで描くイラストってシンプルなものが多いのですが…。
塗りはうっすらしたグラデーションです。肌の色も1色に見えますが、うっすらグラデーション入れてます。
うん、全く分からないネ☆

描線とか顔とか

ワイヤーはこんな感じです。

nenga_maiko_ol

すっきりしてます。髪飾りは花型の集合体なので、そこだけごちゃっとしていますが…。

nenga_maiko2015_parts

こんな感じで、なるべくアンカーポイントを少なくして、線がなめらかに出るように気をつけました。
最初、鉛筆ツールで大体の形を描いて、あとでダイレクト選択ツールなどを利用してアンカーポイントを補正していきました。
隠れる部分はアンカーポイント多くなってます(補正してない)。…ツメが甘いわぁ…。

そんな感じでパーツを作って、重ねていきます。

nenga_maiko2015_face

顔ができた。
眼やくちびるの形もこだわって作ったつもりです。
いつもマンガ読んでるからね!こういう時、マンガとか好きなイラストの脳内ストックが役立ちます。
特に資料など見たりせず、脳内ストックを参照して描いています。いいのか悪いのか。

注意1・髪飾り

舞妓さんの髪飾り、月ごとに決まってて、毎月変わるらしいです。
それにはちゃんと意味があるのだとか。知らなかった…!
1月は松竹梅や寒菊、稲穂と鳩だそうです。
4月は桜とか、その季節を感じさせる髪飾りをつけてらっしゃるのですね。
適当に描いちゃダメなんだわ。

舞妓さんの髪飾りについてはこちらにまとまっていました。
舞妓さんの花かんざし – NAVER まとめ

かんざしを作る技術は「つまみ細工」というのですね。

tumamido

東京・浅草橋 (つまみ細工) つまみ堂

かわいいトップ画像!
ちなみに花の下に垂れ下がっている花びらのような形のものは、舞妓さん一年生がつけるらしいです。

こんな感じで、一年生舞妓さん、お姉さん舞妓さんの違いが外見的にも分かるようになっているそうです。
そうだったのか!

ちなみに髪を結い上げている部分に挿している「くし」は、お正月はべっ甲、普段(行事の時以外)は鹿の子でくるんだくしを使用しているそうです。

注意2・半襟の色

この部分。

nenga_maiko2015_haneri

今はレースがついたり、モダンな柄などでおしゃれな半襟がありますが、舞妓さんの半襟は、首元の赤い色の部分の範囲で一年生かお姉さんかが分かるらしいです。
赤い部分が少ないほうがお姉さんだそうです。
豆知識ですね。

注意3・化粧

舞妓さんの化粧をまじまじとみたことないので、これも新鮮でした。

maiko_kesyou

舞妓さんは眉と目尻、唇に紅をさすそうで。
そうか…赤いアイシャドウじゃなくて、目尻に紅を入れていたのか…と。
眉の紅はちょっと分かりにくく、いろんな舞妓さんの写真を見ても「紅…?」という感じがあったのですが、なるほど黒眉や茶眉の時より、赤っぽい色にした方が舞妓さんっぽい。
京都っぽいというか。はんなり。

舞妓さんに頬紅はあまり感じられないのですが、ちょっと可愛らしさがほしかったので、うっすらと頬紅を入れました。
寒い時に頬を赤らめてる女の子とか、可愛いですよね!…ちょっと舞妓さんぽくないかもしれませんが…。
最近の萌えアニメとかは、頬にピンクを差すことはもちろん、膝や肘、太ももの照りなどにもピンクを差したりしているので、肌に差し色ピンクは可愛い女子には必須感があります。
そんな私のマイブームはラブライブ!です。

注意4・だらりの帯

舞妓さん、帯も普通と違うかったんや。

dararinoobi

お写真は舞妓京都さんから。

だらりの帯というそうで。あんまり気にしたことはなかったですが、なるほどだらーんとした帯ですね。
これも舞妓さんのポイントの1つだそうで。
この帯がきちんと描けると舞妓さん感UP。
今回のイラストではあんまり分かりません(^_^;)。

そんな風に、舞妓さんに関するご指導をいただきながら完成したのが今回のイラストです。
和風さを出すために、背景は「効果→スケッチ→クレヨンのコンテ画」で和紙?襖っぽい質感をつけてみたり。
着物には「効果→スケッチ→ちりめんじわ」で質感をつけたりして。
ワンクリック(細かい設定はいりますが)で出来る効果ばっかり使ってます…。簡単にできます。
紗月さんを参考にしたので、記念に月も入れました。

凝ったことはしていないものの、対象をよく観察すること、それを反映させることでぐっとそれっぽいイラストができるのだと実感した制作でした。
紅1つで表情が変わる。実際の化粧もそうですが、そういうのにちゃんと気遣って制作していきたいものです。

それでは!Have a nice design!!