誰かに見てもらうための、簡単なデザイン

結婚式用ペーパーアイテム販売サイト「melty」始めました。

私事で恐縮ですが、この度結婚式ビデオ屋ワンを運営されているWebryOneさんと一緒に、結婚式ペーパーアイテムのダウンロード販売店 melty(メルティ)を始めましたので、ご報告いたします。

melty_top

結婚式ペーパーアイテムのダウンロード販売店melty(メルティ)

meltyってなんなの

meltyは結婚式ペーパーアイテムのダウンロード販売店です。
と一言で言ってしまいますが、想像がつきづらいかもしれません。特にインターネットやパソコンに慣れ親しんでない方には…。
まずそこが1つのヤマなんですが、仕組み的にはシンプルです。

まずは展開している商品。
これは結婚式や披露宴で使う招待状や席次表などのペーパーアイテム全般と、ウェルカムボード、プロフィール紹介シートです。
プロフィール紹介シートというのは、ウェディング新聞やブライダル新聞とも呼ばれるもので、新郎新婦の自己紹介やなれそめ、ゲストの方へのメッセージなどを1枚にまとめた読み物です。

商品については実際の式で使われているものなので馴染みはあるかと思うのですが、注文のしかた、商品を受け取ってからのこと…この辺りが、同じようなサービスを展開しているところがあまりなく、というか仕組み自体を考えるために何度もミーティングを重ねたのですが、出来上がってみればシンプルでした。

  • 1・ほしい商品をカートに入れて注文、お支払い
  • 2・その商品を作るために必要な情報を入力して送信
  • 3・商品ができあがったら、専用ページからダウンロードして印刷

手順としてはこの3段階です。
他と違うところは、結婚式のペーパーアイテムというのは、招待状でもなんでもインターネットで注文する場合は、必要な情報を入力して送信…までは一緒で、その後は紙に印刷された完成品が必要部数送られてくると思います。
meltyでは、この印刷過程をお客様に行っていただくことで、低コスト化と自由度をあげています。

なんで印刷をセルフサービスにしたのか

これは、スマホが世間に浸透していること。
コミュニケーションも手紙などの紙ベースではなく、メールやLINEなどのオンラインベースが増えてきました。
これによって写真なども手軽に送れるようになりましたが、それは結婚関連行事においても一緒なのではないかと。
スマホで手軽に結婚式の招待状とか結婚報告はがきとか送れたら便利かな、と思って画像で納品する方式にしました。

納品した画像はメールなどで送信もできるし、好きな枚数だけ印刷もできる。招待客が追加になってもすぐ対応できる。お客様の自由に使えるわけです(本人の挙式関連行事以外や、著作権違反になるような使い方はダメです)。
「披露宴何時からだっけ?」という時も、スマホに画像があれば、招待状をゴソゴソ出さなくても確認できます。
「お祝い送るのに住所が…」という時でも、結婚報告はがきを百貨店などに持っていかずとも、スマホだけで住所見れちゃいます。
こういうの便利かなー、と。

また、現在の結婚式は多様化し、従来のように式場やホテルで挙式や披露宴を行うパターンもあれば、レストランウェディングや身内だけでの会食、挙式は二人で海外でして二次会は国内で…など、様々なパターンがあります。
そういった少人数での結婚式・披露宴や、仲間内での結婚パーティなどカジュアルなシーンまで、あまり固く考えず、幅広く気軽に使っていただけるようにとも思って、自由度の高いこの方式にしました。

印刷サイズもハガキサイズ、A4サイズを主にし、家庭用プリンタやコンビニで印刷しやすいようにこだわったつもり…です。

注目はデザイン

DSC_0051

これ…これなのです…(;´Д`)
meltyのウリは、スマホ対応!画像ダウンロード納品!ってとこもあるんですが、デザインです。
デザイン誰がつくってるんですかー、ハーイ、私ですっ(ゝω・)☆
…サイトデザイン、商品デザインは全て私がやっております…。
サイトデザインは私ですが、細かい部分はジャギ様(@wildwest_kazya)に手を入れてもらってます。
とっても安心してデザインできました。それが自らの怠慢の始まりだよ!!

ちなみにジャギ様というと「北斗の拳ですか?」と言われますが、由来的には「デトロイト・メタル・シティ」です。マイナー…?
フロントエンド構築はジャギ様の仕業です。いつの間にかスマホサイトができており、デザイン的におかしい部分や足りない部分も修正&補填されていました。
こっ…これが…鬼の手か…!(漫画変わってる)

商品デザインについて

meltyをやろうという話が出た時に、デザインは、既存の招待状や席札などにありがちな「いかにも結婚式!」っていうのは一線を画そう、という話になりました。
こんな話したの、今年の春ですわ。meltyは半年以上かけて企画・構成されてましたわ。

デザインを担当するにあたって、私も「いかにもブライダル、という招待状よりは、海外のポストカードのような、オシャレ雑貨のセレクトショップにあるような、そんな感じのものが作りたい」と思いました。
それからは戦いです。
「海外を見ろ!ロス・アンジェルス!ハワイ!パリ!キョウト!」などとわけのわからんことをつぶやきながらデザインしていました。きもい。
ちょうど今年は2回ほど海外に行ったので、それがとてもよい刺激になり、個人的には満足のいく商品ばかりが仕上がったと思います。
基本家から出ない人ですが、やっぱりそれだけではダメですね。外に出て、色々吸収しないと。

DSC_0022

これはHawaiian natureというデザインシリーズのアイテムですが、これはハワイに行かなければ出来ませんでした。
撮影小物もハワイで買った雑貨を使っています。
ハワイの青い海と白い砂浜を見て「こんな色合いで、ハワイらしさ、綺麗な海を感じるデザインを作りたい」と思って出来ました。
白い砂浜がオーストラリア産だと聞いた時はちょっとショックでした。しかしそのショックを感じさせない仕上がりになったと思います!
あれ、いい話だったのに、なんかおかしくなった。

デザインに関しては妥協はしていません。森シリーズなどは、最初からイメージがはっきりできていたのでほぼ修正なしでサクッとできたのですが、何度も何度も修正を重ねて作っていったものもあります。
特に和アイコンは…時間かかりました…。

DSC_0447

これ、シンプルであんまり時間かかってなさそうに見えるのですが、アイコンから一つ一つ作っていったため、結果的に一番時間がかかりました。
納得できる扇の形を探し求め、梅の花の造形を探し求め。そしてその後のレイアウトも悩みました…。
アイコンを活かすようなシンプルさ、和モダン、和装とマッチするか、めでたさを押し出すこと、でも古臭くならず若々しい雰囲気であること…こういうことを考えながら作りました。最終的には京都に行きました。
そうやって出来たデザインです。

DSC_0489

シンプルなんですが、席札が特に気に入っています。
ゲストの方々に、これからもよろしくの想いを込めて、蝶結びにしました。

どうしてデザインにこだわるのか。理由は簡単です。可愛くないと売れないからです。
売れないということは必要とされていないということ。それは悲しすぎる。
人間(特に女子)は可愛い物を見るとテンションがあがります。あがってほしいじゃないですか。可愛い物、使ってほしいじゃないですか。そういうの、作れたら嬉しいじゃないですか。
そんな感じです。

他にもオシャレな雑貨屋さんをまわったり、海外のポストカードデザイン集を見たり。そうやって引き出しを作ってデザインしていきました。
悩んで爆発しそうなこともありましたが、それを乗り越えた作品はやっぱりしっかりしてると思います。と自分で言ってみる。

サイト構築について

meltyは実質3人の人の手によって構築されました。
サイトデザインの私、フロントエンドのジャギ(@wildwest_kazya)様、そしてバックエンドエンジニアさん。
バナー制作やJavaScriptの実装など、パーツの作業も合わせると5人です。

手順は通常のWeb制作と一緒です。
ワイヤーフレーム描いて、デザインして、パーツ分けて、サイトを組んでもらう。そしてECに必要な機能を実装してもらう。
制作期間は約3ヶ月。しかし3ヶ月毎日みっちりやっていたわけではないです。
足りない部分は付け足したりしましたが、ほぼ最初に描いたデザイン通りで構築できたので、スムーズにいったと思います。私の知らないところ(主にバックエンド)で血の滲むような光景が繰り広げられてたらすみません…。

サイト構築で困ったことは特にないです。これは、企画からみんなで相談して、意識(イメージ)の共有ができていたからだと思います。
meltyの仕組みはちょっと変わっています。なので「これどうだっけ?」みたいな確認は度々ありましたが、担当が明確に分かれ、それぞれが最終目的を分かっていて、ブレない答えを用意できていたのだと思います。
チャットワークやミーティングで自分の担当以外の動きも察知することができたのも、スムーズに進めた要因かと思います。
他の担当がなぜそうしたのか、話の流れが分かっていれば「え、なんでここはこんな風になってるの?」みたいな疑問やイライラが発生しにくいのだと思います。

オープン前はさすがにギャー!!!ってなりましたが、オープンできるとやっぱり嬉しいです。

また、写真の撮影についても実際ECサイトの撮影を担当していらっしゃる方からご教示いただきました。お世話になりました。

今後について

冬はブライダル業界は閑散期ということもあり…動きが見えづらいです。
ですが、そのうちに打てる手は打っとかないといけないとも思います。
オンシーズンを迎えるにあたって、特に宣伝をしていかないと。
やはりお客さんの反応が気になります。どきどき。
これを機にmeltyのインスタグラムをはじめました。インスタ初ですが結構楽しいです。

私としても初の試みだし、同じような方式のサービスは少ない(?)ので、今後の動向次第で商品やデザインを練り直す必要も出てくると思います。
サイトも使いやすくしていかなければなりません。なんかバグあったら教えてください。

お世話になった方々、本当にありがとうございます。

というわけで、meltyをよろしくお願い致します。
ご意見・ご感想等いただけると嬉しいです。
デザインストックは何個かあるので、またデザイン作っていきます。

それでは!Have a nice design!!