誰かに見てもらうための、簡単なデザイン

《読んだ本》演習で力がつくHTML/CSSコーディングの教科書

これからホームページを作りたいと思っている人や、すでに制作の勉強を始めている方の基礎力がガッツリつきそうな本「演習で力がつく HTML/CSSコーディングの教科書」を読みましたのでレビューを書きます。
かなりしっかりした内容の本です。ゆえに読むのにちょいと時間がかかりましたが、すっごい勉強になりました!

71_coding

Web制作を初めてする人向け

こちらの本、何が書かれているかというと、HTML5とCSS3を中心としたコードの書き方(文法)、意味、色々な用途などです。Webサイト制作本にありがちな「サンプルのホームページがあって、それに沿って作っていく」という内容ではなく、ホームページの基礎となる最初の1ページの書き方(文書構造)から、よく使うパーツの解説などがしっかりなされています。
それらを作るのにサンプルはあるのですが、すぐ使えるホームページを一本まるっと作る…という内容ではないので、すぐに物が欲しい方向けではないと思います。

この本はホームページに使うパーツの作り方や文書構造を知るための本で、ただ物を作るのではなく「正しくホームページを作るための本」だと感じました。
こう書くと難しそうで、取っ掛かりにくい本かな…と思われてしまうかもしれません。
確かに専門用語なども沢山出てきますし、それらの解説はありますが一度で覚えられるものではないので、全くの初心者さんだと、最初はなかなか読み進められないかもしれません。
ですが「SEO対策には正しい文書構造が必要」と言われる今のWeb制作現場では、これらは押さえておいて損はないですし、いい加減にやっていてもいつか取り残されるだけです。それが私です(え)。
そういうのを解消するための正しい作り方が、コード表と共に書かれています。
最初は読みづらくても、何度か手を動かして学んでいくうちに意味が理解できてくると思いますし、文書構造以外にもHTMLのタグ(要素)の表や、CSSのプロパティ一覧表などもありますので、困ったときにはすぐ見たい、手元にあると安心な本かと思います。

本の最初にはインターネットの仕組みやホームページアドレス(URL)の意味など、Webについての基本知識も書かれているので、ホームページってなんぞや?という初心者さんでも、その世界を知るところから始められます。こういう話、私も案外知ってるようで知らなくて、「そうだったのか!」が連発する内容でした。大丈夫か私。

慣れるまでは用語など難しく感じるかもしれませんが、書くコードも簡単ですし、パーツごとに作っていくので、セクション1つの学習のボリュームは少ないと思います。
前書きに「この本を授業で使う場合の利用法」というのが書いてありましたが、その通りで、学校などの授業にも使えそうな内容です。
基礎をこの本で磨くことで、余計な情報に惑わされない、正しい構造をもったホームページが作れそうな気がします。

なんとなくやってる初中級者にもいいかもしれない

実務で急にホームページが必要になったから、ググったりなんやかんややってとりあえず形を作ってるWeb制作者はいると思います。私がそうです。
それを長く続けていると…不安になります…。自分のやってることが正しいのか、自信が持てなくなってくるんですよね。。。
「とりあえず動いてるからいいか」で終わってしまって、それをズルズル続けるのは良くないと分かっていても、どうすればいいか分からなかったり。。。
なので勉強会で「正しいHTML5の書き方が知りたいです!」と言うこともありました。
Web制作者としてバリバリ働いてらっしゃる方でもそういうのを気にしてる人もいらっしゃる!と思いたい。
っていうか実際、HTML5の書き方や認識は人それぞれバラバラかもしれません。
そういう不安を抱えた方にも勉強になる本だと思います。
特にHTML4.01から制作をしていると、HTML5の文法に自信がなかったりすることもあると思いますが、この本には新しく追加された要素のちゃんとした使い方が図解されています。
なぜその要素が追加されたのか、どういう意味があって、いつ使うのか…などが細かく解説されています。
もちろん、以前からあるタグの解説もされていますので、なんとなく書いてる人でも、タグの意味が改めて理解できる本になっています。
CSS3についても詳しく書かれていて、プロパティや値の解説から始まり、最初の基本的な書き方、ちょっと高度な書き方まで、一つ一つ解説されています。そしてCSSプロパティとそれに使える値が一覧になった表もついているので、重宝すると思います。

ダラダラとやってきたことを整理して、正しい状態に戻すことが出来そうです。

みんながつまづくことの解説もばっちり

初心者…いや初心者を離脱した人でもつまづきがちな、floatによる段組や、マージンの相殺など…私もよく理解できていないのですが、そういった箇所の解説もばっちり入っています。ボックスモデル、テーブル(表)の構造など、最初はイメージがつかみにくくこんがらがってしまいそうなものもしっかり図解されています。

CSSに関しては、私は勉強したての頃、CSSでレイアウトするなら絶対覚えておきたい配置のルール:フロートや絶対配置、z-index とかいろいろという記事を穴があくほど読んだのですが、それでもまだちょっと理解があやしく…このあたりはWeb制作を学ぶ人ならつまづきやすい箇所かもしれません。
この記事で書かれているようなお題についても、この本は丁寧に解説しています。そして、練習問題もあって、手を動かして学ぶことができます。

その他、オーディオなどメディアの挿入やナビゲーションメニューの作り方、フォームの作り方(これはほんとに詳しくたくさんの事例で解説されている)など、ホームページに必要なパーツの作り方もしっかり実習できます。

ただ、先にも書きましたが、実際に1つのサイトをまるっと作るわけではないので、全くの初めてだと、仕上がり全体のイメージはつかみにくいかもしれません。
そういう時は、まるまる1つのホームページが作れる本を一緒に読めば良いと思うのですが、この本に書いてあることをベースに取り組むと、しっかり基礎力や正しい知識が身についた状態で始められるので、自信をもって取り組めるのではないかと思います。

私は昔、初心者からもう一歩進んだ学習をするために「現場のプロから学ぶXHTML+CSS」という本を勧められたことがあります。
この本は古い本ですが、とても評判がよく、HTML(XHTML)とCSSについてしっかり解説されていて、プロフェッショナルに近づくための学習ができます。こういう基本をしっかり学べる良書に続く本だと思います。
章の最後には「理解度チェック演習」という簡単なテストがあるので、そこで自分がどれだけ理解できたか確認しながら進められます。私…全問クリア…出来ませんでした…。

私もまだまだ勉強しなければならないとひしひし感じました…。

それでは! Have a nice design!!