誰かに見てもらうための、簡単なデザイン

読んだ本《作りながら学ぶHTML/CSSデザインの教科書》レビュー

発売前からちょっと話題?(私の周りだけ?)で、発売後もアマゾンで在庫切れなど、大注目のご本「作りながら学ぶ HTML/CSSデザインの教科書」を読みました。
のでレビューなどを書いていきます。いつもながら素人目線での解説ですが…。
個人的には今出会えて良かった本です。感謝(´Д⊂グスン!

IMG_1386

HTMLやCSSが知らなくてもサイトが作れる

この本はHTML5とCSS3でのホームページ制作方法が記載されています。1からHTML、CSSファイルを作っていきます。
エディタの導入からファイルの作成の仕方、最初に書く記述などなどちゃんと手順を踏んで書き、作っていくので、HTMLやCSSを書いたことがない人でも作っていけるかと思います。ただ、いきなり長々とコード(アルファベットの記述)を書いていくので、それなりの心構えが必要です。…といってもホームページは長々とコードを書いて作っていくものなので、超えなきゃいけない壁ですが…。私もまだ超えられた感がありません( ー`дー´)キリッ!いいのかそれで。
その他に、出来たファイルをサーバーにアップロードして公開する方法や、無料のオンライン画像編集ソフトを使った画像加工の方法まで載っているので、この本1つでホームページを作って公開するまでの全てが分かり、実践できます。ホームページ作成ソフトなど持っていないという方でも大丈夫です。
HTML5とCSS3だと、古いブラウザは対応していないのでは?と思われる方もいらっしゃると思いますが、それに対する対策も載っています。

シンプルなデザインの作例

この本で作るサンプルサイトは、シンプルな作りになっていますが、今のトレンドを押さえたデザインです。HTML、CSSを使ったボタン(グラデーションがかかって立体的なもの)の作り方、メインとサイドバーの2段組ページの作り方、ノーマライズCSS(ブラウザ毎に異なる見え方を標準的に補正する)の導入、JQueryを利用したスライドショーの実装方法、Webフォントの導入、Googleマップの設置方法、Googleフォームを使ったお問い合わせフォームの作り方など、今のホームページ制作に必要な過程は大体解説されています。
お店や事業をされていて「自分とこのホームページが欲しいな〜、簡単なものでいいんやけど」とか思っている方などに向いていると思います。

教科書といってもタグ辞典みたいなものではない

この本のタイトルに「デザインの教科書」とありますが、説明ばっかり!とか書き方が固い!とかそういったことはありません。HTML、CSSの全てを網羅している…という内容ではなく、あくまでサンプルがあって、それを作るために必要なHTML、CSSの用法を部分的に解説しているといった感じです。なので使ってないタグやCSSプロパティなども沢山あります。基本的なものは押さえてありますが、応用的な内容についてはあまり触れられていません。ただ、出てきたタグやプロパティについては、理由や使い方などきっちり説明されています。
HTML5とCSS3をバリバリ学習したい!と思っている方には向いていない本かもしれません。
この本のすごいと思った所は、綺麗に作るということに重点を置いていて、マージンの使い方やCSSでのグラデーション、透過について、floatで要素を揃える方法など、ホームページの見た目を良くする方法についての解説があります。
ただタグを書いて、動けばそれでよし!ではなく、見た目も気にする。そのためにコードを書く。だから「デザインの教科書」なのかな、と思いました。

痒いところに手が届く解説

作っていて、初心者なら必ずつまづくであろうfloatとclearfix、マージンの相殺、絶対配置と相対配置の解説がしっかりされています。
あと、個人的になんでだろう…と思ってたこと…表の罫線が2重っぽくなっちゃうとか、floatすると画像の下に謎の余白ができるとか、リストの左に謎の空間がある、とか、rgbaって何?とか、そういう細かいところまで解説してくれていたのが助かりました。
私はスクールや会社勤めなどでホームページ制作の勉強をしたわけではなく、独学でちゃんとした知識を持ってると言えません…。独学だと、そういった細かい不具合が出た時に、調べても分からなかったり理解できなかったりすることがあるのですが、こういう痒いところに手が届く解説はとても嬉しかったです。特にline-height(文章の行間を設定する)について深く考えたことがなかったのですが、それもちゃんと解説と、良い設定方法が書いてあって、ためになりました。

JQureyとレスポンシブについては記述がほぼない

JQueryはスライドショーの導入があるのでそこで少し触れられていますが、レスポンシブデザイン(スマホ用最適表示)などについては記載がありません。この本で作ったサンプルがスマホできちんと表示されないわけではないのですが、最適化はされていません。
この辺りは別途他の本などでの学習が必要になりそうです。PHPの記述もないです。

綺麗にサイトを作るための基本が詰まった本

ただこれを書けばいい、動けばいい、といったことではなく、基本的な作り方と綺麗に整えるための小技や考え方が詰まった本だったと思います。初心者がつまづきやすい点が細かく拾われている点もとても良く、個人的に出会えて良かったと思える本でした。
ホームページにある基本的なページ作りはこの本でできると思いますし、慣れれば応用もできそうです。
ちょうど、CMSではなくHTMLとCSSでのホームページ作りをしようと思っていたところだったので、参考になりそうです。
私のように、急にWebサイト作ろうと思い立って、誰に教わることもなくググったり本で学習してきた、という方にも良い本じゃないかな、と思います。

作例もシンプルなので、すぐに始めることができるかと。私も早速使わせてもらいます!

以上素人の書評でした。何か変なこと書いてたらすみません…。

それでは!Have a nice design!!