誰かに見てもらうための、簡単なデザイン

《読んだ本》なるほど!プログラミング

パソコンやインターネットの仕組み解説から入り、JavaScriptやC言語のプログラミングについて垣間見れる本、『なるほど!プログラミング』を読みましたのでレビューです。
技術書としては小さめ?A5サイズくらい?でページ数も250Pほどの、さっと読むにはあまり時間がかからなさそうですが(本には2時間でわかる!と書かれています)、深く考えたり実践をしながら読むと時間がかかりそうな本でした。

どんなことが書かれているのか

この本は、パソコンやインターネットの仕組みがどのようなものか、データの入力や出力がどのようにして行われているか…という話から入っていき、そこからJavaScriptやC言語の話になり、簡単なプログラミング例文を紹介していく…という内容になっています。
技術書…というよりは雑学本のような書き口で、難しい専門用語などはほぼ出てきません。技術的な話が出てきても、喩え話などを交えて書かれているので、気を張らずに読むことができます。
文章自体も難しい表現は出てこないのですが、内容のせいか熟語など漢字(といっても常用漢字程度)を多用して文が組み立てられているので、中学生くらいでは読みづらいかもしれません。高校生くらいなら読んで理解できそうかと思いました。
パソコンやインターネット、プログラミングに興味があって、進路などに迷っている学生さんが読むと、その世界がどんなものか、プログラミングとはどういうものかというのが垣間見えて、参考になるかもしれません。

詳しくは、
「コンピューターの中身(ざっくり図と文だけ、分解などしてすごく詳しく解説してるわけではないです)」
「コンピューターの演算・回路の仕組み(2進数や16進数の解説、単位の話なども)」
「JavascriptとC言語のプログラミング例」、「ライブラリ・フレームワークの紹介」
「プログラミングの考え方(オブジェクト指向)」
などといった項目があります。
最初は分かりやすい話ですが、後々に計算や考え方…などの話になっていくので、頭は結構使います。
ですが図解も多く、分かりやすい言葉で書かれているので、何を言っているのかさっぱり分からない…ということはないかと思います。
私は2進数と16進数くらいでつまづき、何度か読み返しました…(計算が苦手)。このへんは何度もやってるんですが、10進数に慣れてるとやっぱりちょっと考え違いをするところがあるというか…。このあたりの解説も図表などがあって分かりやすかったです。

この本でできること

この本の主題であるプログラミングの話で主に出てくるのは「JavaScript(Web向け)」「C言語(ゲームなど向け)」です。
しかしこれらの言語で書かれた例題はあれども、書き方や構文の解説はほぼありません。
この本は「実際に言語が書けるようになる」ために読む本ではなく、「この結果を出すためにはこういう言語でこう書かれている」という世界を垣間見るものです。
JavaScriptに添えられているHTML言語の解説もないので、HTML・JavaScript・C言語といった言語を知らない人には、詳しく内容を理解するというのは難しいかと思います。
知っている人であれば自分の考え方と照らしあわせて復習などにも使えるかもしれませんが、知らない人はあくまでもプログラミングの世界を体験し、考え方を身につけるために読む本なのだと思います。
同じ結果を出すプログラミングをするにしても、JavaScriptとC言語では書き方が違うので、そこを比べることもできます。
プログラミングをするためのパソコン環境の整え方についても触れてあります。

この本の最後に、もっと深く知識や技術をつけるための参考書リストがついているので、あくまでこの本は取っ掛かりで、内容に興味が持てたら他の本で勉強を進めていく…という感じですかね…。
実際に使えるようなプログラムを作ったりするというような演習要素はあまりないので、読み終わったら何か1つ作品ができていたり、実用的なプログラムが書けるようになっている…というような技術習得を目的とした本ではなさそうです。
ただ、考え方や基本的な知識はしっかり解説されてますし、そこは大事な部分だと思いますので、そこをしっかり理解したい方には読みやすく、分かりやすい本だと思います。
学生さんやこれからプログラミングを始めたい方がこの本を読めば、その世界が自分に合っているか、やりたいことが出来そうか…などの判断材料になりそうです。

いきなりガチガチの技術書から入るよりは、このあたりで頭を慣らしておいた方がよいのかな?というような…読んだ感想的には高校生〜大学生くらいでプログラミングに興味がある方におすすめしたいかんじです。
さくっと読める書き口なので、時間がかからず気軽に読めそうなところもこの本の魅力かと思います。

それでは!Have a nice design!!