誰かに見てもらうための、簡単なデザイン

Wixで無料ホームページを作ってみたので作成フローと感想など

「無料でホームページ作れるサービスってどうなの?」とたまに聞かれることがあるのですが、私もあんまり経験がなく…今回はPowerPointなどを操作しているような感覚で作れるWixを触ってみたので、導入部分の紹介や感想などを書いていきます。

wix_scsho
今回使ってみたWixのテンプレート。何も手を入れない状態でこんなおしゃれデザイン。

私は無料ホームページサービスをそんなにがっつり使ったことがないのですが、使わない理由としては

  • ・デザインが自由にできない
  • ・SEOが弱い(Googleなどの検索エンジンに引っかかりにくい)
  • ・広告が表示されたりドメイン(ホームページアドレス)が好きにできない

こんな理由で、まぁ総合的に言うとなんだかカッコ悪いから避けてる…という感じです。

私が挙げたような理由で、技術者やそうでない方を問わずに無料ホームページに対して抵抗がある…と思ってらっしゃる方は他にもいるかと思います。
けどホームページを作るには時間もお金もかかります…だったら無料で作ればいいじゃない!でもそれだと思うように出来ない…けど時間とお金が…という無限ループなのですが、そうなっちゃったらとりあえず無料でホームページを作るサービスを利用してみるのも手じゃないかな、と思います。
時間はかかりますがお金はかからないですし、気に入らなかったら即やめることが可能!

Wixに関しては、パワーポイントなどで書類やチラシなどを作ったことがある人なら楽勝だと思います。楽勝ってちょっと言いすぎかもしれませんが、触ってみて最初に出てきた感想が「なにこれパワーポイント…?」でした。
パワポで書類作ってるーと思ったらホームページができちゃった!そんな感覚で触れるWixの導入についてちょろっと書いていきます。
パワポ使ったことがないって人だと最初は操作感とかがわかりづらいと思いますが、慣れれば簡単です・・・たぶん・・・!

Wixを始めるために必要なもの

それはメールアドレスだけです…。
Wixにアクセスして、メールアドレスとパスワードを登録して、届いたメールの「今すぐはじめる」ボタンを押せば始められます。

まずはテンプレートを選択

「新規サイトを作成」ボタンを押すと、テンプレート選択画面が出てきます。

wix_templatechoice

この画面から、基本にしたいデザインを選びます。
デザインは、ネットショプや個人サイト、シングルページ(1枚だけで完結するホームページ)など、用途に分かれて分類されています。
そしてその中でも、いろんな業種を想定したデザインタイトルがつけれられています。
ビジネス向けだけでも「建築」「法律事務所」「ビューティサロン」などよくありそうなものから、「動物病院」「オーダーメイドスーツ」はたまた「葬儀場」なんてものまで存在します・・・。
サンプルは英語表記のものが多いのですが、実際カスタムする時はちゃんと日本語になっています。

テンプレートデザインは一応「そういった業種向け」にデザインされていますが、変更は可能なので、異業種でも使うことはできます。
ただ、注意しなければいけないのは、一度選んだテンプレートは変更できないってことです…。もしどうしても変更したい場合は、新しくホームページを作らないといけません。
ちょっと面倒に感じますが、Wixは無料でも作れるホームページ数に制限はないそうです(!)。

ついにページを作ります

これが出来たら、ページを作っていきます。

wix_template

最初は、選んだテンプレートとそれをカスタムするためのツールアイコンが並んでいます。
ツールアイコンをクリックする、もしくは変更したい箇所をクリックすると変更ができます。

まずは、カスタムしたい部分をクリックします。
例えば文字をクリックすると「テキストを編集」というボタンが現れますので、そのボタンを押して編集作業をしていきます。

wix_font

文字の大きさやフォント、色などを選択する画面が出てくるので、ボタンを押したりスライダーを動かしたりして、自分好みに調整していきます。
文字部分を選択してドラッグすると、場所の移動もできます。

次は写真の追加です。これ結構便利です。
左に出てるツールボタンの「+」から「画像」を選択、もしくは既存の画像をクリックすると編集ボタンが出てきます。

wix_mediaup

自分のパソコンなどにある画像を追加したい場合は、この画面から追加できます。
他にもフリー素材が用意されていて、ここから選ぶこともできます。
色を変えたりトリミングしたりなどの加工もできます。

wix_gazouhensyu

ページを追加してみる

こんな作業を繰り返して、トップページが整ったら、次は他のページを追加して作っていきます。

wix_pagetype

ページ上部のWixロゴの横にページメニューがあるので、それをクリックするとページの編集画面が出てきます。
「新しいページ」ボタンを押して、ページを追加するとまっさらなページが表示されます。

まっさらで何もないページなので、左横のツールバーの「+」ボタンを押して、画像や文字などを配置していかないといけません。

wix_hensyumenu

1から配置していくのは大変ですが、結構色んなものが簡単に追加できます。
写真ギャラリーなどもワンクリックでこの通り。

wix_gellary

画像の追加や変更も、編集ボタンから簡単にできます。

ページの追加は、まっさらなページを追加する他に、既存のページを複製して追加もできます。

ついに公開!

公開も簡単で、右上の公開ボタンを押すとすぐに公開できます。
公開前には、ドメイン(ホームページアドレス)をどうするか決めることができます。

wix_domain

無料プランだと、「http://ユーザー名.wix.com/自由に決められる部分」この形式が踏襲されます。
自分のユーザー名がアドレスとして入り込んでしまうのはちょっと残念な気がしますが…無料だったらこんなものなのか…。
wix.comともついてしまうので、この形式のアドレスが嫌な場合は独自ドメインを使うしかないです。
有料プランでは独自ドメインにも対応しています。

ちなみに公開すると、非公開に戻すことはできないので、後戻りはできない仕様となっております。
もし非公開にしたければ、SEOの設定で検索エンジンに引っかからないようにする方法がサポートで解説されていました。

SEO対策は?

SEO対策…よく聞かれる単語ですが、Googleなどの検索結果に引っかかりやすく(上位に表示されやすく)するための設定です。
本来なら検索結果に引っ掛けるための構文をつらつらとHTMLファイルに書いていかなければいけないのですが、HTMLが分からない人には難関です・・・。
WixではHTMLが分からなくてもSEO用の設定ができます。

wix_seo

このような感じで、現在のSEO設定状況を文章で確認することができます。
そしてもちろん変更も、文字を打ち込んだり選択項目を選択するだけで簡単にできます。
ページごとにSEO設定ができます。

使ってみた感想

「これはパワポである」というのが第一の感想なのですが、そんな感覚…パソコンで画像と文字を配置して組み合わせていく感覚でできるのは、視覚的・感覚的に触れるのでそこはとても良く、よく考えられているなぁと思いました。
パワポを知らなくても、あまり難しい操作ではないと思います。
HTMLやCSSを1から書いてホームページを作ることは、こんな感覚では出来ないことも多いので(というかほぼ出来ない)、ドラッグ&ドロップや、ちょっと文字を打ち込んで設定ができるのはとても便利だと思います。

気になるのはテンプレートの変更ができないことと、事あるごとにブラウザの別ウィンドウ(別タブ)が開いていつの間にかいっぱいウィンドウ(タブ)ができてること、ちょっと動きか遅い時がある…くらいですかね…。
簡単にできる分、処理に時間がかかるので動きが遅いのはどうにもならないのかなぁと思いますが、作業が全くできないレベルではないです。
ホームページアドレスにユーザー名やwix.comの文字列が入って自由にできないこと、上下に広告が表示されること(特に下のバナーが大きくてWixの宣伝!って感じがする)は有料プランで解決できますが、無料だとやっぱりこの辺りはスマートではないです。

これに慣れてしまうと「ホームページはこんな風にして作るんだ!」と思ってしまうかもですが、実際は全然違うので、Web制作者を志す方の最初の勉強用としては向いていないかも…です。
Web制作をある程度知ってる方がソースコードを見て「こうなってるのか!」と勉強することはできるかもしれません。

Office系ソフトを触ったことがある事務員さんとかなら、簡単におしゃれなホームページが作れるのでとっても向いてると思います。
操作はほんと簡単でサポートも充実してますので、とっつきやすいと思います。

Wix.com

それでは!Have a nice design!!