誰かに見てもらうための、簡単なデザイン

《読んだ本》本格ビジネスサイトを作りながら学ぶWordPressの教科書 Ver.4.x対応版

過去2回レビューを書いている「本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書」シリーズ。
この度新たに刊行(改訂)された4.x対応版を読みましたので早速レビューを書きます。
最近WordPressでゴニョゴニョしていませんが、そんな私でも読みやすい内容でした!

・1冊目「WordPressの教科書」のレビューはこちら
・2冊目「WordPressの教科書 スマートフォン対応版」のレビューはこちら

IMG_3316

基本的には前作と一緒

WordPressを使ったWebサイト制作でお馴染みのプライム・ストラテジー株式会社さんが書かれた「WordPressの教科書」シリーズの3冊目です。
1冊目はWordPressでコーポレートサイト(会社やビジネスに適したホームページ)を作る時の手順と解説、2冊目はそれのスマートフォン版ホームページの作り方も載った内容でした。

今回の3冊目は、1冊目の改訂版です。
WordPressはバージョンアップを繰り返しています。ので、古い本だと情報が古く、対応していなかったり不具合が出たりすることもしばしば…。
今回の改訂版は、1冊めと同じ手順をもとに、細かな情報を新しくした感じの本です。
(ちなみにプライム・ストラテジーさんの公式サイトWordPress情報にて、最新版への対応情報等が更新されているようです)。
章立てや構成も1冊めとほぼ一緒なので、前作を読まれた方はすらすら読めると思います

1冊目の改訂版なので、2冊目で説明されている「スマートフォン対応」については触れられていません。
なので、スマホサイトも一緒に作りたいって方は2冊目の方が良いかもしれないです。

WordPressってどんなものなの?ということが分かる

前作もそうだったのですが、この本ではサンプルを使用して、それに沿ってWordPressの使い方、カスタムの仕方を学んでいきます。
WordPressの概要や細かいカスタムの仕方などを解説する本ではなく、一般的な企業サイトを作るために必要な制作手順、カスタム方法をフローに沿って、実際にコードを書きながら作っていきます。
なので、本の大半はコードの記載や解説です。
コードは割とがっつり書いてあり、解説等も書いてあるので、1つ1つ読み進めれば時間はかかりますが、色分けされているので見やすいです。

サンプルサイトで実装される機能も、トップページ、事業紹介ページ、営業所の案内、ブログ、アクセスマップ、お問い合わせ…など、一般的なホームページに必要な機能ばかりです。
とりあえず何もない状態から、WordPressでホームページを作りたいという方は、フローにそって進めるだけで高機能なホームページが出来上がるという嬉しい設計です。

WordPressの応用的な話や深い技術的な話などはありません。ので、応用や発展の用途では使いづらいと思います。
これからWordPressを触ってみたい初心者さん向けの本ですが、コードを記述したり、自分なりにデザインをアレンジしようとするとHTMLやCSSの知識がいるので、最低限でもHTMLとCSSを知っていることが必要になります。
PHPやWordPressの独自のコード(テンプレートタグとかいうやつ)はコピペで十分なので、コピペ範囲が広くてドキドキするかもしれませんが、本の通りに進めていけば問題無いと思います。

元々サンプルサイトがあって、それに沿って作っていくので、WordPressでサイトを作る時の制作手順、WordPressの基本的な機能、プラグインで追加できる機能…など「WordPressで何ができるのか」「実際どうやって作っていくのか」などという基本を知るにはとっても良い本だと思います。
また、「すぐにWordPressで作ったホームページが欲しい!」という方には、すぐ使用できるサイトができあがるので、とっても実践的です。
コーポレートサイトで必要になる「アクセス解析」や「セキュリティ」の対応方法も書いてあります。
作るだけではなく、運用についても言及しているので、サイトが完成すればすぐに運用できそうです。

そういう「今使える」とか「WordPressの全容がつかめる」というのが、このシリーズが売れている理由なのかなぁ…と思ったり。

プラグイン情報がありがたい

この本は、1冊めとほとんど同じ手順を踏み、完成するサイトもほぼ一緒です。
管理画面とかの見た目は違うのですが、完成するサイトのデザイン自体は一緒です。
ですがそれを実装するために記述するコードやプラグインなどは少し違います。
プラグインも大きな変化はないのですが、WordPressのバージョンアップに追いついているプラグイン情報、というのは結構重要だと思います。

WordPressはプラグインによって様々な機能を付け加えることができます…が、プラグインはそれぞれユーザーが作って登録しているので、WordPress自体が最新版であっても、プラグインは全然更新されていない…ということがよくあります。
WordPressのバージョンアップに追いつかず、お気に入りのプラグインが使えなくなってしまうこともしばしば…。
なのでプラグインの新しい情報というのはとても有難いです。

大体は1冊目で使われたプラグインがこの本でも使用されていますが、違うプラグインを使って実装している機能もあります。
プラグインは自分で探すこともありますが、英語表記が多く評価もまちまちで、どれを使えば良いのか分からない…という状況に陥るときもあります。
なのでプラグインの最新情報はありがたく、またWordPressでのサイト制作をしていらっしゃる会社さんが紹介するプラグイン…という安心感もあって、プラグイン情報は重宝すると思います。

時代に追いついている本

Webサイト制作技術が日々進化していく中で、書籍選びというのは難しいと思います…。
折角本買って勉強しても、情報が古くなってしまいがちです。
WordPressの教科書シリーズは、前作が出てから1年半ほどでの新刊です。
そのように、定期的に情報を見直し改訂していく…というのは、業界的にはとってもありがたいことなんだと思います。
WordPressでの制作は、バージョンアップにどうついていくか…というのも大事な点だと思います。

前作を持っている方が今作も買ったほうがいいのか…というと、そこまでは必要ない気がします。
ただ、これから勉強を始める方は今作の方が良いと思います(当たり前かも…)。
スマートフォン対応版とは内容がちょっと違ってくるので、スマホサイト制作も視野に入れるのであれば、スマートフォン対応サイト編(2冊目)の方が良いかもしれません。
改訂版だから難しくなっているのか…とか、よくわかんない記述が追加されているんじゃないのか…とか、そんなことはなく、情報が新しくなっただけで、手順や難しさは変わりません。
前作はとても評判が良いですが、それとほぼ変わりないので、今回もとても使いやすい本だと思います。

私はこれでWordPressの教科書シリーズを3冊読んだことになりますが…さすがに3冊目となると読み終わるのが早かったです。
内容が安定しているのです。ブレてないです。さすがです。

WordPressからちょっと遠ざかってますけど、何か作りたくなってきました。
それでは!have a nice design!!