誰かに見てもらうための、簡単なデザイン

読んだ本《WordPressの教科書》レビュー

前回の記事「WordPressの勉強法(スライド)」で紹介したんですが、初心者の私がWordPressでサイト(といってもこのブログw)を構築するために読んだ本がいくつかあります。

本に関しては、気にしていらっしゃる方が結構いらっしゃるなぁ、と思ったのが発表しての感想です。
特に最初の頃などは、本を読んで勉強される方が多い…と感じました。←アタリマエな気がする。
というわけで、私が読んだ本の感想をもうちょっと詳しく書いていけたらなぁと。
めっちゃ初心者目線のシロウトな感想でなんか申し訳ないのですが、参考になることがあったらいいかもしれない…!

IMG_1236

WordPressの教科書

WordPress本の中でも定番で、有名な本。読んだという方もきっと多いと思います。
スマホサイトに対応した「WordPressの教科書2」も出ています、がまずは1から…。
なんだか今更ですが…(;´Д`)。

会社が書いている

この本は、WordPressでの制作をゴリゴリやっている「プライム・ストラテジー株式会社」さんが書かれています。
まず感じたのが、書き方などが、非常にまとまって分かりやすいということ。
社内で何度も打ち合わせしながら書かれたのでしょうか…説明の補足なども丁寧です。
複数の方で書くと、書き方など多方面からチェックできるので、偏らず、堅実というか…精度の高い文章が出来上がるのではないかと思うのです。
まさしくそんな感じで、しっかりした内容だなぁと素人ながらに感じたわけです。
あと、Web制作会社などに勤めたことのない私にとっては、会社さんがどのようにされているか…というのが垣間見えることも勉強になりました( ´∀`)!

index.phpを分解して作っていく形

WordPressは沢山のファイルで構成されています。
が、最低「index.php」この1ファイルに全てのコードが書かれていれば動きます。
が、それでは効率が悪いので、いくつかのファイルに分けて作業していきます。
この本は、index.phpに全てのコードが書かれていて、そのファイルを分けるところから作業をはじめます。
なので、index.phpは用意されてるんですが、そこからファイルを1つずつ作っていく形です。
作ったファイルに、コードをコピペしたり、部分的に書き換えたりなどをして、ファイルを完成させていきます。

本全体の構成

うーん…文章で言うのはムズカシイ…のですが、この本は、最初に「この章でできること」という完成図のイメージが提示されています。
そのイメージは、前の章からの続きだったりするので、まぁいわば「前回のものから、この部分が新たに追加されますよ」という告知みたいなもんです。
これを見て、何をするのかイメージしてから、一つ一つコードを付け加えていきます。
追記するコードはきちんと分かりやすく色を変えて、横に「なぜこれをするのか」という説明付きで書かれています。
コードを書いて、表示を確認する…この一つ一つのステップが飛ばすことなく書かれているので、作っていきやすいんじゃないかなぁと思います。
突っ込んだ説明やPHP構文の解説などはないのですが、一般的なWordPressホームページを作るのに必要なことは大体書かれていますので、とりあえずモノはできますし、簡単な応用なら出来る範囲かと思います。

また、実際手を動かして、後でコードを確認して、また動かして…という作業も多いので「今どのコードを見ているか」「このPHP構文がどんなHTMLを吐き出したか」などが合わせて分かります。コード内であんまり迷子にならないかも。

ホントに完成します!

本を買う時に、特に初心者の方だったら「この本だけで本当に完成するのかな?」などと思うと思います。
「すぐサイトが欲しい!」という方も多いでしょうし、私もそうでした。
この本は、すでに完成見本があり、素材も用意されていて(別途サイトからダウンロードしないといけませんが)、その通りにすれば、見本と同じサイトですが、完成します。
本のタイトルに「本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ」とありますが、その通りで、企業やお店のホームページで必要な機能は大体揃ったものが作れるので、画像やCSSを変えれば応用はききます。
色々カスタムしたい!とか、これでWordPressが完全に理解できる!といったことはできませんが、すぐにモノが欲しい方は、読んで実践してみると、かなり良いのではないかと思います。

作った後の運営についても書いてある

ホームページを作ったら、その後の運営のこととか、セキュリティとか気になると思うんですが、この本はそれについても触れられています。
SEO(検索結果で自分のホームページを上位に表示させる)とか、アクセス解析、お問い合わせフォームのセキュリティ、キャッシュ(表示の高速化)などについて書かれています。
あと、facebook連携やtwitterボタンを設置など、SNS系周りのことも書かれているので、SNSを活用したい方もすぐに設定できると思います。

プラグインは有名どころを使っています

お問い合わせフォームやサイトマップの設置、パンくずナビなど、有名なプラグインが使われていて、その設置や設定についても書かれています。
有名なプラグインは、何か困ったときにネット検索すると情報が引っかかってきやすいので、設置もしやすいと思いますし、バージョンアップもこまめにされています(そんな印象)。
プラグインって何がいいの?と思ってらっしゃる方も、結構参考になるんじゃないでしょうか…??

最後に

他に、ナビゲーション、サブナビゲーション、ウィジェット…などの必須機能はもちろんのこと、トップへ戻るボタン(するするスクロールして戻っていくタイプ)などの、よく見るけど実装の仕方はちょっと分からないかも…?といった小技まで載っています。

個人的には読んで良かった本ですし、人気があるのも納得できます。
サーバーやテキストエディタなどを用意すれば、ちゃんと完成して、動作も確認できるのが嬉しいです( ´∀`)♪
Macで開発する際の環境などの説明はありませんでしたが(←Macユーザー)、環境が分かる人なら全然いけます。

以上個人的な書評でした。評せるほど偉くもないんですが。
ビジネスサイトって作ったことないんですが、なんか作れそうな気をさせてくれる本でした。
ありがとう!そしてありがとう!

2の書評もまた書きます。

それでは!Have a nice design!