誰かに見てもらうための、簡単なデザイン

初心者向け・WordPressで入れておきたいアクセスアップ系プラグイン

前回の「初心者向け・WordPressで入れておきたい運営・管理系プラグイン(ブログ系多し)」の記事の続きです。
これも4月の「姫路ゆるいWeb勉強会」で出たプラグインまとめ&このブログで使用しているプラグインの紹介になります。SEO対策を含めたアクセスアップやユーザビリティ(ユーザーの使いやすさ)向上系のプラグインをまとめました。
有名どころが多く、知っているものもちらほらあると思います(●´ω`●)
それではどうぞ。

13_wordpressseoplugins_03

その前ニダ!SEO対策とは?

SEOという単語の意味をご存知の方も多いと思いますが、SEOは「Search Engine Optimization」…さーちえんじんおぷてぃまいぜーしょん…ああもう分からん!の略で、GoogleやYahoo!などで検索した時に、自分のホームページが上位に表示されるように工夫することです。みんなが検索しそうな単語をホームページ内に書いてみたり、またGoogleには「こんなホームページを上位に表示させます」みたいなガイドラインがあって、それを踏まえてページを作るとかが主流のやり方ですかね…。
自分のページが検索エンジンにヒットして上位に表示されると、そりゃみんなクリックしてくれるわけです。アクセスアップには欠かせない対策です。カムスハムニダ。

ちなみにGoogleのガイドラインはこれです。ちょっと難しいかも…。
ウェブマスター向けガイドライン – ウェブマスター ツール ヘルプ

そんなこんなでSEO対策プラグインからいきます。

SEO対策プラグイン

All in One SEO Pack

allinoneseopack

SEO対策プラグインはこれだけで十分じゃないかと思われるAll in One SEO Pack。英語ですが何となく意味が分かります。
ホームページ全体や個々のページなど、別々にページの説明を追加できたり、キーワードを入れたりなど色々な設定ができます。追加した説明やキーワードをホームページのHTML内に記述してくれるので、これでホームページが検索ワードに引っかかりやすくなります。
厳密に言うと、引っかかるには他にも色んな要素はあるようですが、書いておくに越したことはないですね。
他にも検索エンジン向けの設定もできたりします。
とりあえずこれを入れて必要箇所を記入しておけばOK(*・ω<)☆

Google (XML) Sitemaps Generator

XMLSitemap Generator

Google (XML) Sitemaps Generatorは、Google向けのサイトマップを自動生成してくれるプラグインです。
サイトマップというと、ホームページ内の地図(お問い合わせがどこにある…とか、商品一覧がどこにある…とかを記述したページ)を思い出しがちですが、これはそれではなく、検索エンジン向けのXMLサイトマップを作って送信してくれます。
XMLサイトマップを作ってGoogleに送信することで、Googleにページの更新などの情報が伝わり、SEO対策に有利になります。Googleは更新頻度の高いホームページを検索結果の上位に表示してくれるらしいです。

ただ、これはプラグインを入れただけでは機能しません。設定の他に、Googleウェブマスターツールへの登録が必要になります。Webマスターツールはホームページを運営するなら入っておいた方がいいらしい…です。

Webマスターツールへの登録方法やXMLサイトマップの追加についてはこのブログで詳しく紹介されています。
Googleウェブマスターツールの使い方と登録方法 | WP SEOブログ

googlewebmastersitemap

XMLサイトマップが追加できるとこうなります(∩´∀`)∩ワーイ。
こういう登録ってするのに躊躇しがちですが、やってしまえばラクチンです!登録テストなどもできるので安心です!

アクセスアップ・ユーザビリティ向上系プラグイン

WP Social Bookmarking Light

13_wordpressseoplugins_08

有名どころが続いてばっかりなんですけど…。これも使っている人が多いですね。勉強会でも出ました。
twitterやfacebook、はてなブックマークなどソーシャルネットワーク系へのシェアボタンを簡単に設置してくれます。
設定も簡単。使いたい項目と設置する場所を選ぶだけ。説明も日本語なので分かりやすいです。
シェアしてもらうとアクセスアップに繋がりますよね。是非入れておきたいプラグインです。

Open Graph Pro

13_wordpressseoplugins_14

上のWP Social Bookmarking Lightに関連するプラグイン。WordPressサイトをfacebookなどのSNSと連携させてくれるプラグインです。
Facebookやmixiなどは、OGP (Open Graph Protocol)という情報から、そのホームページにどんなことが書かれているかを認識するらしいです。これはそのOGPの設定をするためのプラグイン。これを設定しておかないと、「いいね!」ボタンを押した時にちゃんと情報が反映されず、内容を正しく拾って表示してくれないことがあります。
OGPの設定はこのようにプラグインでも出来ますし、ホームページのコードに直接書いたりもできます。
SNSと連携するなら入れておきたいプラグインです。

設定の仕方はこちらが詳しいです。
WordPressサイトのFacebookのOGP設定 – Open Graph Proの使い方 | WP SEOブログ

OGPについてはこちら。
フェイスブック、ミクシィ、グリーで使われている OGP (Open Graph Protocol) とは何か – IT戦記

追記
このOpen Graph Proは更新がされていないプラグインなので、今後正常に動かなく恐れがあります(2013年6月現在)。
facebookと連携させるためのFacebook公式プラグイン「Facebook」というものがあります。
ただこのプラグインは設定が少し難しいかもです…facebookに新しいアプリを作らなきゃいけなかったりとかなんだり。ただ、アプリを作っておくと、シェアについての情報が見れたりとか何かと便利なようです。
詳しい設定方法はこちらにあります。

構想雑文 : [Wordpress]プラグイン「Facebook」設定手順 – livedoor Blog(ブログ)

追記・2013年12月
Open Graph Proで不具合が出たので、OGPの設定をAll in One SEO Packでやり直しました。
All in one SEO Packはキーワードなどの設定だけではなく、OGPやxml(サイトマップ)の設定もできるようになったようです。
簡単に設定できました。設定に関してはこちらのブログを参考にしました。

All in One SEO Pack – SEO対策の設定を総合的に管理できるWordPressプラグイン | ネタワン

またtwitterでJetpackを使っていらっしゃるというお話も聞きました。
Jetpackはfacebook連携以外にも色んな機能を搭載したプラグインです。
こちらも便利そうです。

Jetpackについてはこちらのブログに機能が紹介されています。
WordPress プラグイン [ Jetpack ] が激しく便利ですぞ! | そば どっと びず

PS Auto Sitemap

psautositemap

勉強会で出たプラグインです。更新が少し前なので動くかどうか心配でしたが使えました。
教えてもらって試しに使ってみたんですが、これめっちゃ便利!サイトマップを自動で作ってくれるプラグインです。
サイトマップといっても先ほど紹介したXMLサイトマップではなくて、ホームページ内の地図の方…どのページにどんなことが書いてあるのかなどを示す、訪問者さんがちゃんと見れる形のサイトマップです。
例はこのブログですが、このように大見出し(カテゴリー)の後に記事一覧を載せてくれたりします。
これは見やすい。便利です。デザインパターンも何種類か用意されています。
サイトマップ作ろうと思ったらHTMLやCSSをカキカキして…ってなりますが、その工程を省けるなんて素敵!逆に手抜きを指摘されてしまうかもですが(^_^;)
日本語対応で設定も簡単です。

設定の仕方などは以下のブログが詳しいです。
PS Auto Sitemapでサイトマップを自動生成(ワードプレス)

Yet Another Related Posts Plugin

yetanotherposts

ブログなどでよく見る「関連記事」を表示してくれるプラグイン。
記事の関連スコアを計算して、一定のスコアがある記事を表示させたり、スコアが高い順に表示させたり…などといったことができます。
関連記事を読んでもらって、もっと記事へのアクセスを増やしちゃおうという魂胆です。
日本語に対応しているので、設定は割とやりやすいです。
関連記事はCSSで装飾も可能です!

詳しい設定はこちらのブログにあります。
関連記事を表示するWordPressプラグイン「Yet Another Related Posts Plugin(YARPP)」 | TechMemo

WordPress Popular Posts

13_wordpressseoplugins_18

これもブログなどでよく見かけますね。
人気記事一覧を表示してくれるプラグインです。
ブログなどを訪問すると、どの記事が一番人気があるのか気になる人は多いのではないでしょうか。
これは人気記事をアクセス数やコメント数から割り出して、人気順に表示してくれます。
設定は英語ですがシンプルです。

こちらのブログに設定と日本語訳などが載っています。
ウィジェットに人気記事を表示するプラグインWordPress Popular Posts [WordPress] | D-31N.COMデザインスタジオ

Contact Form 7

contactform7

超有名プラグインContactform7。勉強会でも出ました。
コード1行書くだけでこんな感じのお問い合わせフォームを作ってくれます。
CSSでデザインのカスタムもできたり、何も記入しないままで送信しようとすると注意を出してくれたり、送信した後にメッセージを表示してくれたり、と、これ1つで色々なことをやってくれます。
折角ホームページに来てくれて興味を持ってくれた人が、管理人と連絡を取りたいと思ってくれても連絡手段がないと悲しいですよね…。
メアドを公開するなどして連絡下さいっていうよりも、お問い合わせフォームの方が、送信する側にとっては敷居が低く、また安全じゃないかと思います。
イタズラ対策として簡単なクイズなどを設定できたりもします。

公式サイトに設定方法なども詳しく載っています。
使い方 | Contact Form 7

DISQUS

disqus

ブログをやるならコメント欄。付けている人多いですよね。
DISQUSはSNSアカウントでログインしてコメントできるシステムです。これも使っている人が多いのでは?
一度ログインすると、別のホームページでも同じDISQUSのコメントフォームをつけているところなら自動的にログインされます。
個人的にはSNSのアカウントでワンクリックでコメントできるシステムはとても便利だと思っています。
日本語に対応していますが、設定する時は英語です…。しかし設置は簡単です☆

以下のブログで詳しく説明されています。
Disqusの設定について | たなブログ WordPress入門講座

Lightbox Plus ColorBox

lightboxplus

これも便利すぎて泣けたプラグイン。記事中の画像をポップアップ表示してくれます。
「この写真を大きくして見たい!」とか、ホームページを見ているとそういう場面に出くわすこともあるんじゃないでしょうか?このプラグインは設定は英語なんですが、画像をポップアップする時のエフェクトや背景の透過率、消すボタン(Xボタン)や次の画像を表示させるボタン(← →)の有無まで全て設定することができます。

設定についてはこちらで解説されています。
画像表示にLightbox Plus ColorBoxを使う | WordPressとサーバでいきましょ

WP To Top

13_wordpressseoplugins_22

ページに「上へ戻る」ボタンを追加してくれるプラグイン。左下に出るボタンを押すと、そのページの最上部までスルスルッと戻ってくれます。
最上部まで戻るボタンは最近実装しているホームページもあり、、していないところもあり…なので私的には必須かと言われればビミョウな感じもするんですが、ついているとたまに便利な時もあると思うので紹介。
これは文字や色をカスタムできます。

詳しい設定はこちらのブログに書いてあります。
[WP To Top]ページの先頭へ戻るボタンを挿入できるプラグイン -ProloGraphy

こんな感じです。前回に引き続き、どのホームページ(ブログ)でも使われていそうな、有名で人気なプラグインのまとめでした。

これらのプラグインを押さえておけば、一先ず快適にブログが運営できるんじゃないかと思います。基本的なものばかりですので、きっと役に立つハズ。

こんな便利な機能が、Web制作に詳しくない人でもパッとつけられちゃうのがWordPressの良いところ。
モチロンそれを活かすためにはHTMLやCSS、PHPなどの知識があった方がいいですが、Web制作が本業じゃない人などなら、プラグインのみでこれだけできれば十分じゃないかと思ったりします。

紹介した中には更新が止まってるプラグインもありますが、他にもまだまだ便利なプラグインもあるので、色々探してみてください。そして良い物があったら教えて下さい←

それでは!Have a nice design!