誰かに見てもらうための、簡単なデザイン

《読んだ本》ビジネスサイトをこれからつくるWordPressデザイン入門

今風のとってもオシャレなビジネス向けサイトを元にWordPressのオリジナルテーマの制作手法を学ぶ、ビジネスサイトをこれからつくる WordPressデザイン入門 サイト制作から納品までのはじめの一歩を読みましたのでレビューです。
WordPress、Webサイト制作の手法が最初から最後まで書かれた(←これ重要!)本でした。

IMG_4154_480

この本の構成

この本は、タイトルにWordPressとある通りWordPressの制作について書かれています。
が、最初の方には、Webサイト制作案件の受注のしかた、要件定義書の作成、設計(ワイヤーフレーム)の作り方といった、Webサイト制作を受注するための準備項目についても少しだけですが解説されています。
会社でデザイナー・もしくはコーダーとして働いていたら必要のない項目かもしれませんが、知っておくと背景が分かり制作しやすくなります。
フリーランスで何から何まで自分でやる立場の人は、こういう項目が書かれた技術書はあまりないと思うので、とても参考になると思います。

そういった意味ではWordPress制作を全くしたことがない人でも読めそうな内容ですが、できるサイトは色んな物が盛り込まれてるので結構レベルが高いです…デザインレベルも高いです…。

まずはレスポンシブに対応しています。これは嬉しい。
そしてHTML/CSSは使いますので知識は必須となります。PHPは分からなくても大丈夫です。
PHPについての簡単な解説、コードの解説も要所要所でされているので、PHPはコピペで使いますが何やってるか全く分からないということにはならないと思います。
それと、機能の一部にはJQuery、デザインにはBootStrapが使われています。こちらについての解説はありません。
もしも気になるようであれば、実際コード見て自分で研究していく系ですかね…デザインはとっても素敵なサイトなんですが、CSSの解説もないので、デザイン的な部分は自分で読み解かないといけません。BootStrapが使われているので、BootStrapの経験がない人は、このサンプルサイトでCSSを勉強するのはこんがらがってしまうかもしれません。
この辺がちょっとややこしく感じた…まるっきりの初心者向けではない気がしました。
が、実際のWordPressの構築は、すでにファイルが用意されているので問題なくできます。

受注のしかた、ワイヤーフレームの制作の次は遂に実際のWordPress制作となるのですが、元となるHTMLファイルが用意されていて、その中のコードをWordPress用に書き換えて実際のサイトを作っていきます。
そして代表的なプラグインの導入、WordPressの標準機能でできるカスタマイズなどの解説、本番環境へのアップロード方法(←これは素晴らしい内容)、エラーが出た時の対処方法などが書かれています。
ページ数はそんなに多くなく、この本を監修されているWordPressの制作を専門とされている「プライム・ストラテジー株式会社」さんのもう一つの代表的著書「本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書 Ver.4.x対応版」に比べると、WordPressで実際制作する部分はあっさりした内容です。

作るサイトもカフェのサイトで、お知らせとメニュー紹介、写真ギャラリー、アクセス情報などと構成もそんなに複雑ではないので、もしもこれより複雑な構成の会社サイトを作りたいのであれば、WordPressの教科書の方が役立つかもしれません。
ちなみにWordPressの教科書については以前レビューを書いてます。
WordPressの教科書は、実際の仕事の制作で役立っている本の1つです。ありがとうございます。

私はHTML/CSSのみで何とか制作をしのいでいますが、それだとやっぱり本とかで解説されてるPHPの記述などがとっても参考になるわけです。PHPコードはコピペで使ってますが、意味が分からないとやっぱり怖いですからね…。本が手元にあると安心。けど本の内容は古くなってしまうので、たまにはWordPress Codex 日本語版などを見ないといけません。

この本での実際の制作

先にも書きましたが、この本はWebサイト制作について受注方法から本番環境のアップロードまで、一貫した内容が書かれています。
メインであるWordPressの制作については、構成が複雑ではないページ作り&元々HTMLで書かれたファイルがあって、それを一部変更してPHPファイルを作っていく…という内容なので、勉強の仕方としてはコードの切り貼りをメインに、何をしているのか解説を読んで学んでいく、ということです。

本の手順通りに手を動かせばサイトは出来上がりますが、解説が書いてあるとはいえ1から10まで書いているわけではないので、自分で知ろうという意欲がないと意味が分からなくなることがあると思います。どの本でもそうかもですが…。
ところどころ、WordPressの公式解説wikiであるWordPress Codex 日本語版を見ないと理解が深まらない箇所があったりします。

WordPressの学習法とは恐らくそういうものなので(実際にコード書いて結果を見て、カスタマイズが必要であればCodex見てアレンジしていく感じ)本はあれども実際の仕組みやCodexの内容を少しでも理解していくことが重要になります。
なのでこの本は本当に「勉強する」といった内容で、すぐにサイトが欲しいからとりあえず作りたい…という目的向けではないような気がします。いや、サンプルサイトのデザインがとても良いので、それを流用することは出来そうですが…。
ページ数が少なく、一通りのことはしてありますし手順もシンプルなので、WordPressの制作法やどんなことができるのかをサクッと知るにも良いと思います。

ただ、出来上がるサイトはデザイン的にも機能的にも高いものなので…深く理解したり、特に初心者の方はCSSを読み解いたりするのには時間と気力がかかりそうです。
デザインについてはBootStrapの他にCSSスプライトなども使われているので、ちょっとややこしいですがほんと勉強になりそうです。

最後にちゃんと公開してくれるところに感動した

この本で私が一番感動したところは、本番環境(実際使うサーバー)へのアップロード方法が書いてあるということです。

WordPressでサイトを作ろう!といった類の本は、まずインターネット上にサーバーを用意してそこで組み込んでしまう(最初からサーバーにアップロードされた状態から始める)か、XAMPPやMAMPといった、使ってるパソコンにサーバーの仮想環境を構築するアプリを使ってサーバーがない状態でやる方法を解説しているかどちらかなのですが、XAMPPやMAMPを使うパターンのものは、アプリのインストール方法は書いてあるのですがその後の本番環境へのアップロードは解説されてないものが多く、サイトは出来たけどどうやって公開すればいいんだ…!?となってしまうことが多かったように思うのです…(実際私もそれで困った)。

サイト制作経験者なら、FTPを使ってアップロードしたら終わりじゃね?と思うところなのですが、WordPressはデータベースを使ってサイトを構築しているため、データベースもまるまる本番環境に移さないといけません…。
それにはphpMyAdminを使ったエクスポート、インポート、URL置換…などが必要になるのですが、そんなこと言われても分かりませんよね…っていうか初心者が最初から迷わずできる内容ではないと思うのです…。
その部分が!!なんと!!解説されている!!

他にも解説された本はあるかもしれませんが、私はこの本でこの部分の解説に初めて出会ったのでとても感動しました。
XAMPPやMAMPのインストール方法書くならアップロード方法も書いといてよ…って思うんですが、そういう本がなかなかなかったもので…。

本番サーバーに何もない状態から作れればよいのですが、サーバーを契約してなかったり、別のサイトがあったり、先に自分の手元で試したかったりなどで使えない時もあると思います。
そんな時に役立つのがXAMPPやMAMPを使った仮想環境での構築なのですが、これは自分のパソコン上でしか見られない環境なので…ここで作っても自分以外の人がサイトを見るのは不可能なんですよね…。サイトができた!と思っても、インターネット上にアップロードできなければ意味が無い…!
このがっかり感は半端なかったです(経験者談)。
ググれば手順は出てくるかもしれませんが(ちなみに私はWordBenchで手順を知りました)、本に一貫して書いてあると安心ですよね。感謝感謝。

また、バックアップを取るプラグイン、XMLサイトマップを送信するプラグインなど、サイト運営に最低限必要なプラグインの紹介もあります。

というわけで、ざざっと書きましたが、WordPressの制作手順が一貫して分かる内容の本でした。
ページ数もそんなにないので読みやすく、概要もつかみやすいのでこの本があればWordPressの制作について一通り分かると思います。が、高機能なので、理解を深めるには自分でコード読み解いたりCodexを併用することが必要そうです。
今風のサイトデザインの勉強にも役立つ本だと思います。

デザインとか機能もそうですけど、サイトにすごくこだわりが感じられる気もする。

それでは!Have a nice design!!