kandeza.com

誰かに見てもらうための、簡単なデザイン

《読んだ本》現場で使える最低限の知識がしっかりと身につくHTML/CSSデザインTextBook

Web制作

現在のHTML/CSSの使い方が詳解されている、かなりしっかりした内容の技術書、『現場で使える最低限の知識がしっかり身につく HTML/CSSデザインTextBook』を読みましたのでレビューです。
かなり難しい内容でしたが、事典的な意味で手元にあると良い本かもしれません。

読んで完全なる理解は難しい=事典かな

タイトルを見て、これから勉強を始めようと思ってる初心者さん向けの本かな…と思ったのですが、確かに初心者さんには必携の内容なのですが、解説がかなり濃厚でとても難しかったです。
最初、初心者の気持ちで読んでいたのですがそれだと理解がおぼつかないので早々に諦め、Webサイト制作経験者という自分本来の立場で読みました。
それだと実務で使う時を想定したり、専門用語も分かるしイメージもしやすいのでだいぶ意味も掴め、手元に置いておきたい本だと思うようになりましたが、それでも難しかったです。

この本は、インターネットやホームページとは何かという概念の説明から始まって、HTML/CSS文法の正しい使い方が、タグ・プロパティ共々に詳解されています。
専門用語の解説などはあるものの、全てを網羅しているわけではなく、専門用語も頻出しながら話は進んでいきます。
解説は、それぞれのタグやCSSならプロパティでどんな設定ができるのかが表になっていたり、作例と共に解説されていたり、中には計算式を書いてあるものもあります。
HTML/CSSとは直接関係のないWeb制作用語も出てきて、本で解説があるものやそれ以外の全ての専門用語を交えながら更に深い部分へと進んでいくので、Web制作について全く知識のない方には馴染みのない言葉の羅列ばかりで、ついていきづらく感じるのではないかと思いました。
CSSの解説においては、元となるHTMLの記載がなかったりする箇所もあり、サンプルはありますがWeb制作に関するある程度の知識と想像力は要りそうです。
ですが、HTML/CSSの正しい知識・使い方が詳細に書かれていますので、見よう見まねや既存のファイルの改変などでなんとなくWeb制作を始めた人には、知識が正しく矯正されるので読んでおくべき…というか、困った時に手元にあると便利であることは間違いないです。

簡単な作例・それに付随する密度の濃い説明

文体ですが、文系と言うよりは数学的な書き方といいますか…かっちりしていてどちらかというと硬めです。
本文中に出てくるサンプルの文章部分も暗号やらテクノロジーやらの技術的?な文章で、なんというか…こう…全然ふわふわしてないというか…どこをとってもコンクリートの壁みたいな隙のなさとしっかりした感があるというか…常に難しいことが書いてあるといった雰囲気で、読んでいて気を抜ける部分はなかったです。

ですが、この本に出てくる作例は簡単です。HTML/CSSを使った、複雑な構成ではないWebサイトが元になっています。
技術的に難しいWebサイトを作る名目ではなく、あくまで基本となる、簡易的なパーツをもとにHTML/CSSの使い方をがっつり深く解説してあります。
Webサイトを作るというよりは、HTML/CSSの解説をするためにサイトのパーツを作るといった感じで、パーツはシンプルですが、そこで使われているタグの意味・用法・ルール・注意点…みたいなことがすごく詳しく書かれています。
CSSに関しても大体そのような感じです。概念・使い方・考え方・ルールetc…色々と細かく書かれていて、今まで何となく感覚でやっていたことに意味や正しい知識・使い方を知らせてくれます。
逆に、詳解すぎて初心者さんにとっては詰め込みすぎに感じる部分もあるかと思います。ページ数は379ページですが、そのページいっぱい余すところなく解説されていますので、最初から全てを理解するのは無理ですし、本文中にも全て理解せず、実務等で出てきた時にまた読み返せばいいという風に書いてあります。
ここに載っている全てのことを理解して使えるようにならなくてもWebサイト制作はできますし、この本に載っている内容を全て理解して制作しているWeb制作者もそうそういないと思うのですが、そんな細部にまでわたって書かれた本で、かなりの密度の濃さを感じました…。

ちなみにタイトルにデザインとありますが、今時のオシャレなサイトデザインが載っているというわけではなく、あくまで基本的な1カラム、2カラムメインのレスポンシブWebサイトを作る骨組みを解説していますので、この本を読めばオシャレなWebサイトがすぐ出来るというわけではありません。
骨組みの組み方が分かる程度で、実際に使えるWebサイトや見た目のデザイン性に富んだものを作りたいのであればこの本を読むだけでは完成はしません。
ただ、「現場で使える最低限の知識」とタイトルにもありますが、そういった基本的な部分は身につく…というか、この本があれば多分なんとなくでやっている現場の制作者よりも詳しく、正しい知識を身に付けることができそうです。
あくまで基本・ルールといった部分を大解説しており、発展的な内容や応用といった部分は、この本で学んだ基本を元に自分で身につけていくものになるのではないかと思います。
HTML/CSSの解説が主ですが、OOCSS、BEM、SMACSSといった、実務でも活用する体系的なルールといいますか…そんな部分の解説もあります。

すごく勉強になったけどカロリー消費感ぱない

HTMLとCSSの本ということで、自分が普段触れている分野なので軽い気持ちで読み始めましたが、軽い気持ちはすぐに打ち消され、圧倒的な情報量を処理できずに何度も見なおしたりすることがありました。
何となく感覚でやっていた部分に意味やルールを見つけ、知識が矯正されるというか新しい発見があった気分です。
今後実務と照らしあわせて何度も読み返していく本になるのだろうなぁと思いました。

また技術が進化すると勉強をし直さなければならない時も来ますが、その時に経験や知識がしっかりしてれば新しいことも取り込みやすいだろうなぁとしみじみ…。

それでは!Have a nice design!!